こんにちは😃歯科医師の田口 世里奈です^ ^

最近は、気温がぐっと下がる日が続いたり、暑い日に戻ったりと、体温調節が難しいですよね、、、
体調崩しやすい季節なので、みなさん気を付けてくださいね(^^)

さて、本日は小児歯科についてお話ししていきたいと思います。

よく、

「歯医者さんには何歳から通ったほうがいいの?」

と質問を受けることがあります!

お母様の口の虫歯菌の数と、お子様のお口の虫歯菌の数は、見事に比例します。なので、理想的には赤ちゃんがお腹の中にいるときからお母様には歯医者さんに通っていただきたいです!

「え?遺伝するの?」と思うかもしれませんが、遺伝をするというわけではありません!

お子様に虫歯菌が移りやすい時期があります。

お子様自身には「1歳になったら」まず一度歯医者さんに来ていただきたいです!

お口のクリーニングも行いますが、お母様に、今後お子様が虫歯にならないよう予防のお話をさせていただくのが大事になります!

・虫歯菌はいつ移りやすいのか

・虫歯菌を移さないように何をきをつけたらよいか

・どんな歯磨きの仕方をしたらよいか

・どんな場所が虫歯になりやすいのか

・虫歯と歯並びの関係

等、たくさんのことをお伝えできればと思います(o^^o)

そのためには、お子様が生まれる前からきていただき、お母様のお口の中のケアをしておくことが大切になっていきます^_^

もちろん、お腹の中のお子様に負担がないように、診療していきますのでご安心ください♪
また、
妊娠中に麻酔は大丈夫?

授乳中に麻酔は大丈夫?

など、心配だけどなかなか聞きにくいこともあると思います^ ^

そういった場合は、私や、女性スタッフもたくさんいますので、お気軽にお声がけくださいね^_^