トピックスTOPICS

ホワイトニングのメリット・デメリット

田口歯科医院 副院長田口です
本日はホワイトニングについてお話しします!
ホワイトニングは、メリット・デメリット
を理解することが、成功の鍵になります🔑

 


 

美容室で乱れたヘアスタイルを整えることのように、近年では歯科医院で黄ばんだ歯を白くするために『ホワイトニング』を行なうことがエチケットであるとされ、主流になりつつあります。

 

しかし、ホワイトニングに興味があっても、ホワイトニングにどのようなメリットやデメリットがあるのか、把握しないまま治療を受けてしまう患者さまも少なくありません。そこで今回は、ホワイトニングのメリット・デメリットについて詳しくご紹介して参りましょう。

 

ホワイトニングは専用の薬剤(過酸化水素)を歯に塗布し、光照射をすることによって、歯の色素を分解し歯を白くさせる治療です。歯のクリーニングや自宅で行なうセルフケアとは異なり、歯の表面組織であるエナメル質を漂白し、漂白されたことによってエナメル質に微細な凹凸ができます。その凹凸で生じる光の乱反射によって、エナメル質の下の層にあるクリーム色の象牙質の色が見えにくくなる『マスキング効果』によって歯が更に白く見えるようになります。

 

まず、ホワイトニングのメリットを確認しましょう。歯が白くなることはもちろんのこと、様々なメリットを得ることができます。




 

【ホワイトニングのメリット】

▼歯が白くなるため、自信が持てるようになる

▼健康な歯を削る必要がない

▼清潔感や好印象を得られる

▼歯科医師、歯科衛生士が施術するため、ムラになる心配がない

▼継続しておこなうことで、更なる白い歯となる

 

ホワイトニングを行なうことで、白い歯を手に入れるだけではなく、コンプレックスが解消され自信を持てるようになったり、清潔感や好印象を得られたりします。これらのことからも、近年では男女問わず、就職活動や、接客業、営業職など、第一印象を良くしたいと考える人が、ホワイトニングの治療を受けています。

 

一方、どんなに安全性の高い治療であっても、デメリットは存在するため、確認していきましょう。

 

【ホワイトニングのデメリット】

▼自費診療となるため診療費が比較的高価となる

▼人によっては、歯がしみる症状が現れる場合がある(知覚過敏)

▼虫歯治療や歯石除去を行なってからの治療になる場合がある

▼個人差はありますが色戻りする

 

なぜ、知覚過敏の症状が現れてしまうのか、そのメカニズムは解明されていませんが、必ずしも全員に知覚過敏の症状が現れるわけではなく、一時的な症状とされ治療を中断することで、症状は消えていくため、過度な心配は必要ありません。

 

ホワイトニングの治療を受ける前には必ず、メリットだけではなくデメリットも理解することが治療を成功させる鍵となります。

ホワイトニングに少しでも興味がある方はお気軽にお問い合わせください。