トピックスTOPICS

インプラントっていくらかかるの?1本の費用相場と全体でかかるお金


「インプラントは高いと聞くけど、実際にはいくらくらいかかるの?」「相場はどれくらい?」と不安に思う人も多いと思います。

 

だいたいどのくらいという目安が分かっていないと、心づもりのしようがありませんよね。

 

ここでは、インプラントのだいたいの費用相場や内訳など、インプラント1本を入れるのに全体でどれくらいかかるのかをご紹介します。

 

目次

 

 

インプラントの費用相場とは?

インプラントの治療は自由診療なので、一般の歯科治療のように一律で決められた額がありません。そこで、当院ではしっかりと治療内容などをご説明し、ご納得いただいたうえで治療を進めさせていただいております。

 

インプラントはインプラント体・上部の人工歯(被せもの)・接続パーツなどに分かれ、それぞれの材質や加工などによっても価格が異なります。特に被せものは、患者様と相談しながら使う材質などを決めていきます。

 

とはいえ、大まかな相場はあります。相場の平均は、およそ25万円〜40万円です。かなり開きがありますが、医療機関の考え方や方針によって異なります

 

取り扱うメーカー治療内容などにも左右されます。このように、その歯科医院の考え方によって、大きな開きが出てくるのです。

 

当院で扱っているのは、日本製のGCインプラントというメーカーです。海外製よりも安く、しかし精度が高く信頼できるインプラントです。

 

 

当院のインプラント治療にかかる全体の費用

インプラント治療のお金を考えるときには、内訳総額を確認する必要があります。

 

一見すると同じことのように思えますが、内訳は純粋な1本の治療にかかる費用を提示していることが多く、トータルでかかる金額を把握しておかないと思ったよりも高くついてしまうことがあるのです。

 

当院では最初に患者様に金額を明確に提示し、安心して治療を受けていただいております。

 

相談料・診断料・CT撮影 無料
インプラント手術料 185,000円
上部構造 90,000円
インプラントステント 15,000円
オペレーションガイド製作 50,000円
静脈内鎮静法 30,000円~60,000円
GBR 50,000円~100,000円
早期治療から本格治療へ移行の場合 350,000円
サイナスリフト 150,000円
ソケットリフト 50,000円
CTG 50,000円
歯冠長延長術 50,000円
歯周組織再生用材料 20,000円~50,000円

※費用は全て税別表記です。
※症例によって費用が変動することがあります。

 

上記の表に記されているすべてを1人の患者様に行うわけではなく、医師の診断で必要なものだけを行います。

 

インプラント治療が一般の歯科治療より高いのはなぜ?

インプラントの治療費は、虫歯や歯周病などの治療と比べると高額ですが、その理由は以下のようなことからです。

 

  • ・質の良いインプラントを使うから
  • ・外科手術での感染対策や麻酔を徹底するから
  • ・耐久性や審美性の高い上部部品(人工歯)を使うから
  • ・最新技術や治療法の研修費が必要だから
  • ・立地による賃貸料がかかるから

 

都心の一等地などの歯科医院は、単純に家賃が治療費に加算されている場合があります。その他、CT検査や3Dレントゲンなど立体的なデータを採る設備の維持費が加算されている場合もあります。

 

当院ではCT検査などの立体的なデータ及びメンテナンスは必要不可欠と考えているので、無料で行っています。

 

多くの場合、5年後以降になにかあるというケースはほとんどないことから、保証も5年間無料にしています。

 

インプラントの材料費ってどうしてそんなに幅があるの?

インプラントは国内外で500種類以上あります。インプラントの素材は色々あり、安価なインプラントは耐久性が低く、長持ちしない・保証がついていないなどのリスクがあります。

 

現在日本で使われているインプラントは、海外製の4メーカーと日本製の3メーカーが主流です。

 

海外製のメーカーは世界でもトップシェアを誇るものばかりですが、欧米人の骨格に合わせて作られているので微調整のための費用や輸入費などがかかります。

 

当院で使っているのは国内製のメーカーです。日本のものづくりは世界でも注目されるほど緻密で繊細。なによりアジアの人の骨格に合わせて作られているし、輸入も必要ありません

 

 

安価なインプラントにご注意!

安価なインプラントを謳っている歯科医院では、先述したようにすぐ壊れてしまうなどリスクの高いインプラントを使っている可能性があります。

 

また、インプラントの治療は繊細で高度な技術が必要な治療ですが、安価をウリにしている歯科医院では設備や感染対策などを省略して価格を下げているところもあります。

 

さらに、ホームページに「安価なインプラント」と提示していても、実際にはあとから増骨処置などを追加されて費用がかさんでしまうこともあるので要注意です。

 

せっかくインプラントを入れても、すぐに壊れたり合併症などを引き起こしたりしてしまっては余計にお金がかかってしまいます。

 

インプラントは価格だけにとらわれず、最新の医療機器が揃っているか、信頼できる経験と知識が豊富な医師が行うかなどの見極めが大切です。

 

 

インプラントの治療費の支払い

インプラントの治療費は、保険が適用されないので高額です。なかには一度に支払う人もいますが、ほとんどの場合は分割での支払になります。

 

支払い方法

お支払い方法には、以下のようなものがあります。

 

  • ・現金支払い
  • ・銀行振込
  • ・デンタルローン
  • ・クレジットカード払い

 

デンタルローンとは、歯科医院がクレジットカード会社と提携して独自で設定している分割支払いです。

 

また、クレジットカード払いの際には、希望するクレジットカード会社を取り扱っていない場合もありますので、カード会社などをよく確認しましょう。

 

インプラントは医療費控除の対象

医療費控除とは、かかった医療費が一定の所得より高かった場合に、あとから税金が何割か戻ってくる制度のことです。一般的には1年間の医療費が10万円以上かかった場合に申請できます。

 

治療に通ったときの交通費や治療後のメンテンナンスも対象となり、歯科以外の医療費や、同世帯に住む家族の医療費との合算も可能です。

 

申請は年度末の確定申告で行います。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。

 

インプラントは高額医療費制度の対象

もうひとつお得な精度があります。それが「高額医療費制度」です。

 

高額医療費制度とは、ひと月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額を越えた分があとで戻ってくる制度のことです。

 

こちらも同じ世帯に住む家族の分も合算できます。全国健康保険協会で詳しく説明しています。

 

保険が適用される事例もある

インプラント治療は、基本的には健康保険がききませんが、例外的に適用されるケースもあります。

 

  1. ・生まれつきあご骨の1/3以上が連続してない、または形成不全の場合
  2. ・病気や事故などやむを得ない事情で、大きくあご骨を失った場合

 

 

インプラントの費用を確認し、安心して治療を受けよう!

インプラントは正しくケアすれば何十年にもわたって長く使えます。そのためにも、価格だけに注目するのではなく、しっかりとした治療が受けられるかどうかよく検討することが重要です。

 

この記事では、以下のようなことをお伝えしました。ご紹介した内容を心に留めて、安心・納得して治療を受けましょう

 

  • ・インプラントの費用相場は20〜40万円
  • ・自由診療なので歯科医院によって異なる
  • ・内訳と総額は治療方法やオプションなどでも左右される
  • ・支払い方法は数種類ある
  • ・インプラントは医療費控除や高額医療費控除の対象