トピックスTOPICS

インプラント・入れ歯・ブリッジの違いを分かりやすく解説!

悩む女性

歯を根っこから失ってしまったときの治療法として、インプラント、入れ歯、ブリッジなどがあります。

なんとなく3つの治療法が違うことは分かっても、具体的に把握している方は少ないかもしれません。

そこで、3つの治療法のメリットとデメリットを比較し、分かりやすく説明していきます。

歯を失ってどうしようかと迷っている方は、ぜひ検討材料としてお使いください。

 

1.インプラント・入れ歯・ブリッジの各メリット・デメリット

歯を失ったままにすると、両脇の歯がスペースを埋めようとして動き、歯並びが悪くなってしまいます。

歯並びが悪くなると見た目の悪さだけでなく、よく噛めずに消化不良の原因となったり、体全体の骨格にも影響が出て肩こりや腰痛などの原因になったりします。

そのため失った歯を補う必要がありますが、治療法であるインプラント・入れ歯・ブリッジには、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

インプラントのメリット・デメリット

インプラント

インプラントの一番のメリットは、快適な噛み心地です。まるで自分の歯を取り戻したように感じるでしょう。

人工の歯の根を顎の骨に直接埋め込むため、違和感なく使えます。

一方デメリットは、自由診療であることです。治療費は医療機関に委ねられるため、各歯科医院によって価格が異なります

メリット

  • ・土台が骨なのでしっかりと力を入れて噛める
  • ・入れ歯のように咬み合わせがズレたり不意に外れたりしない
  • ・失った歯1本分だけ独立して治療できるので、周りの健康な歯に影響がない
  • ・なんでも美味しく食べられる
  • ・毎日のお手入れは天然の歯と同じで良い
  • ・咬み合わせが安定し、顔や体の歪みが改善される場合もある
  • ・基本的に再治療の必要がない

 

デメリット

  • ・保険が適用しないので一部の特別なケースを除き自費診療
  • ・一般的な歯科治療より経済的な負担が大きい
  • ・外科手術が必要である
  • ・治療期間が長い

 

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯の裏側
入れ歯は昔からある治療法です。数本失った場合は「部分入れ歯」、ほとんどの歯を失ってしまった場合などには「総入れ歯」で対応できます。

ただ、総入れ歯は見た目や使い勝手の悪さから、現在では選択する方が少なくなっています

しかし、歯並びやお口周りの筋肉は、加齢によって変化するため、入れ歯を作っても数年経つと合わなくなることがあります。

メリット

  • ・保険が適用できるものもあるので費用を抑えられる
  • ・ブリッジのように健康な歯を削る必要がない
  • ・取り外しができるので自分でお手入れできる
  • ・合わなくなった時に修理や調整をしやすい
  • ・通常の歯科医院で治療できる
  • ・自費診療ではきれいな見た目のものもある

 

デメリット

  • ・保険適用で作るものは材質に制限があり、金属を多く使うことになる
  • ・不意に外れたりズレたりしがち
  • ・上顎と入れ歯の接着面に小さい食べカスなどが挟まることがある
  • ・噛む力が天然歯の1/2以下になってしまう
  • ・食べるものを選ばざるを得ない
  • ・合わない・痛いなどのトラブルが多い
  • ・部分入れ歯の場合、ほかの歯や歯ぐきにフックを掛けるためダメージを与えてしまう
  • ・部分入れ歯の場合、フックが見えてしまう
  • ・取り外して洗うのが面倒

 

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジ
最後はブリッジです。ブリッジとは、失った歯の両脇の歯を支え橋(ブリッジ)のようにかけて装着する治療法です。

ブリッジは手軽に治療できる感覚がある反面、自分の歯を土台にすることで生じるデメリットもあります。

メリット

  • ・保険が適用できるものもあるので経済的負担が少ない
  • ・通常の歯科医院で治療できる
  • ・インプラントなどに比べると、比較的短い期間で治療できる
  • ・自分の歯を土台にするので違和感が少ない
  • ・自費診療ではきれいな見た目のものもある

 

デメリット

  • ・健康な歯を削らなければならない
  • ・口内に虫歯や歯周病が多い場合、土台にできないことがある
  • ・土台となる歯が虫歯や歯周病になった場合、ブリッジが成立しなくなる
  • ・合わなくなった時に修理や調整をしやすい
  • ・奥歯を失った場合にはブリッジができないことがある

 

こちらも併せてご覧ください。

▶インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

 

2. インプラント・入れ歯・ブリッジの費用

治療費

それぞれの費用は、以下のようになります(あくまでも目安です)。

  • ・インプラント:自費1本25万円〜
  • ・入れ歯:1床 保険適用5000円〜、自費20万円〜
  • ・ブリッジ:1本 保険適用15,000円前後〜、自費の場合25万円〜

※いずれも本数・部位により異なります

 

保険適用の入れ歯やブリッジは必要最小限の材料となるため、比較的安価なプラスチックや金属を用います。

入れ歯は痛みに対応したクッション性の高いシリコンの使用や金属の種類、ブリッジであれば変色せず、より耐性の高い材料のセラミックなどを選択する場合は自費となり、数十万円かかる場合もあります。

現状では、不快感を避けたり見た目を重視したりして自費で作る方が多いため、結果として経済的にはインプラントと大差ないといえるでしょう。

 

3.インプラント・入れ歯・ブリッジの治療期間

カレンダーで期間を確認

治療期間は、一般的な歯科治療で済む入れ歯やブリッジに比べて、外科手術が必要なインプラント長くなります。

  • ・インプラント:3ヶ月〜1年程度(個人差があります)
  • ・入れ歯:〜2ヶ月程度
  • ・ブリッジ:2週間〜2ヶ月程度

 

総入れ歯の場合は1週間ごと、3回から5回くらいの通院で終了することが可能です。

ブリッジは一般的にはブリッジの被せものが完成すれば装着できますが、なかには抜糸が必要なケースもあり、2〜3ヶ月治癒を待ってから治療することもあります。

 

3.インプラント・入れ歯・ブリッジの寿命

考える女性

ここまで読んだ方は、それぞれの寿命について薄々感づかれていると思いますが、インプラント・入れ歯・ブリッジで大きく異なります

  • ・インプラント:最低10年〜。1本で独立しているので合わなくなることはほぼない
  • ・入れ歯:約7〜8年。合わなくなれば作り直す必要がある
  • ・ブリッジ:約8年。合わなくなれば作り直す必要がある

 

入れ歯やブリッジは、顎の骨が痩せて形が変わってくると合わなくなるので、多くの場合作り直すことが多いです。

インプラントはしっかりとメンテナンスを続けていれば、生涯にわたって長持ちします。

初期費用こそ高めですが、長期的に見るともっともお得な治療法といえるでしょう。

▶インプラントの寿命を長くもたせる5つの方法と医師の選び方

 

インプラントはもっとも長持ちして快適な治療法!

爽やかなイメージ

インプラント、入れ歯、ブリッジにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

現在のご自分の状況に応じて、治療法を選びましょう。

迷ったときにはお気軽にご相談ください。当院には、様々な治療に精通した経験豊富な医師が複数おります。詳しくお話を伺って、その方により適した治療をご提案しています。

 

▶院長・スタッフ紹介

 

◆この記事のまとめ
1.入れ歯やブリッジは他の歯や歯ぐきにダメージが起きやすい
2. インプラントは外科手術が必要、入れ歯・ブリッジは一般的な歯科治療
3.入れ歯やブリッジは保険がきく、インプラントは自費診療
4.保険適用内では材料は最低限なので自由診療にする方が多い
5.インプラントは初期費用が高め
6.インプラントは一生もつが、入れ歯・ブリッジは合わなくなることがある