トピックスTOPICS

インプラントでメンテナンスをしないと損をする2つの理由

インプラントをインターネットで調べると、どこのサイトでも「メンテナンスは重要」と言っていますね。もちろん当院でもメンテナンスの重要性は折に触れて説明しています。

しかし、インプラントは人工歯なのに、どうしてメンテナンスが必要なのかと疑問を抱く方も多いことでしょう。

インプラントは入れたらそれで終わりではありません。生涯利用するには、メンテナンスがその鍵を握っているのです。とはいえ、決して大変なものではありません

ここでは、インプラントにおけるメンテナンスの重要性や、メンテナンスでは具体的に何をするのかなどをご紹介します。

 

インプラントにおけるメンテナンスの目的

インプラントのメンテナンスを受ける

日本口腔インプラント学会・日本歯科医師会では、インプラントのメンテナンスに対して以下のように明言しています。

 

日本口腔インプラント学会・日本歯科医師会「インプラントのメンテナンスに関する学会見解」より

口腔インプラント(以下,インプラント)は生体内の顎骨から生体外である口腔に貫通して存在する。そのため,常に外部環境である口腔からの影響を受けており、治療終了後に補綴装置が周囲環境と調和し長期にわたりその機能を維持するには、プラークや咬合力のコントロールなどのメインテナンスを継続的に行う必要がある。

 

そして、メンテンナスをしないと以下のような困ったことが起こります。

 

1.メンテナンスをしないとインプラント周囲炎になる

インプラント周囲炎で歯を痛がる女性

インプラントは失った歯の代用品として用いるものですが、天然歯と同様、外側から隠れた部分の骨と、目で見ることができる口内とにまたがって存在しています。

天然の歯は自然治癒力や自浄作用といった免疫機能で守られていますが、人工のインプラントにはそのようなものは備わっていません

そのため細菌感染に弱くインプラント周囲炎にもなりやすいのです。

 

1-1.インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、歯周病のような病気です。

インプラントの周辺組織炎症が起こりますが、その原因は歯周病菌です。

 

インプラントでかかる歯周病「インプラント周囲炎」とは?

 

1-2.インプラント周囲炎はインプラントをダメにする

インプラント周囲炎はインプラントの寿命を縮めます。

食後に歯みがきをせずにそのままにしておくと、細菌が白くてネバネバしたプラーク(歯垢)を作り出します。

細菌はプラークを棲家にしてさらに増殖し、歯肉に炎症を起こします

歯周病の場合には歯周ポケットを深くして侵入し、歯の内部まで侵しますが、インプラントの場合にはインプラント体と骨との間に溝を作って入り込み、骨に達してしまうのです。

骨は歯肉よりも感染に弱く、一旦感染すると悪化するスピードは重度の歯周病よりも格段に速いことが知られています。

インプラント周囲炎にかかると治療はメンテナンスの比ではないほど大変です

 

日本口腔インプラント学会サイト掲載「インプラント周囲炎の発現のメカニズム」より

「プラーク細菌に対する天然歯とインプラントの周囲組織に対する影響は、著しく異なっていました。同じ期間プラーク細菌を関与させましたが、天然歯では、歯肉組織に炎症は認められていません。一方、インプラントの周囲組織には著しい炎症性細胞浸潤を発現していました。」

 

2.メンテナンスに通わないと保証が使えない

困って頭を抱える女性

これは患者さんにとって重要になることですが、インプラントについている保証を利用する条件として「メンテンナンスに通っていること」というものがあります。

これはどの歯科医院でも同じで、医師の指示通りにきちんとメンテナンスに通っていなければケアへの意識や配慮が不十分とみなされてしまい、いざという時に保証が使えないのです。

インプラント治療は98%の成功率を誇る治療法ですが、それでも残り1〜2%は何らかのトラブルが発生しているのも事実。

何かあったときのために保証が使えないと、また同じだけの経済的負担を負うことにもなりかねませんので、そういった意味でもメンテンスはきちんと受けることをおすすめします。

 

3.インプラントのメンテナンスって何をするの?

考える女性

「メンテンナンスの重要性は十分わかったけど、具体的には何をするのだろう?」と思っている方も多いでしょう。

ここからは、メンテンナンス当日には何をするのかをご紹介します。

 

3-1.インプラントのチェック

インプラント治療後の経過が順調かどうかを調べます。

インプラントがグラグラしていないか、しっかりと骨と定着しているかどうかなど、インプラントの定着具合をチェックします。

 

3-2.かみ合わせのチェック

かみ合わせはインプラントにとって、とても大切です。

かみ合わせが合っていないとインプラントに余計な圧がかかってしまい、インプラントの被せものなどが欠損する原因になります。

また、かみ合わせの不具合は全身の骨にも影響し、首や肩のコリ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴りなど様々な不調のもとにもなります。

 

3-3.口内状況のチェック

口内全体をチェックするのは、残っている健康な歯に虫歯や歯周病がないかどうか調べるためです。

冒頭でインプラント周囲炎についてご説明しましたが、口内に歯周病があってもインプラント周囲炎になる可能性があります。

歯周病は細菌で感染する病気。特に、インプラントを埋入した近くの歯が歯周病になった場合には、容易にインプラント周辺にも感染してしまうのです。

そのため健康な歯に虫歯や歯周病があれば、早期に発見して手早く治療を行います。

 

3-4.レントゲン検査

インプラントのレントゲン

レントゲンでは、骨の吸収率を調べます。

インプラントを入れた後、何らかの原因で骨が異常に痩せてしまうと、土台が不安定になってインプラントを支えきれません

レントゲンで顎骨を撮影して異変がないかどうかを検査することは、インプラント治療の評価の指標のひとつとなっています。

 

3-5.細菌検査

歯周病になりやすい方には、細菌検査を行います。少しでも細菌の量が増えるとインプラント周囲炎になるリスクが高まってしまうからです。

インプラントを守るには、インプラント周囲炎のリスクを減らすことが重要です。

 

3-6.専用機器によるクリーニング

歯科医院では、専用の機器や洗浄剤などを使って、徹底したお口の清掃を行います。

毎日の歯みがきもとても重要ですが、どうしてもセルフケアでは落としきれない汚れがあります。

3ヶ月に一度程度プロによるクリーニングをすることで、隅々まで清潔にしてインプラント周囲炎の要因を徹底除去します。

 

3-7.ブラッシング指導

歯科衛生士による歯磨き指導

ブラッシング指導は、歯みがきの癖などをお伝えし、その時の患者さんのお口の状態に合わせた磨き方を説明します。

ブラッシング指導は主に歯科衛生士が行います。時には食事など、インプラントに関係する生活全般にかかわるアドバイスも行います。

 

インプラント治療後のメンテナンスをしっかり行うことが長持ちの秘訣

グッドマークを作る歯科衛生士

メンテナンスはインプラントの寿命を長くするためのかなめと言っても過言ではありません。

定期的なメンテナンスをすればインプラント周囲炎になりにくく、なにか変化があった際にも早期発見・早期対応が可能です。

メンテナンスは3ヶ月から半年に1回ほどが理想的。年に数回なので、忙しくてもぜひ時間を作ってメンテナンスを受けましょう。

 

 

◆この記事のまとめ
1.インプラントは口内細菌から影響を受けやすいので定期的なメンテンナンスが必須
2.メンテナンスをしないとインプラント周囲炎になる
3.メンテナンスに通わないと保証が使えないので注意!
4.メンテナンスではインプラントを含む口内のチェックやレントゲン・細菌検査などをする
5.メンテンナンスではセルフケアでは落とせない汚れも専用機器で落としてくれる
6.メンテンナンスでは歯みがきの癖が分かり、その時の状態にあった磨き方を教えてくれる
7.メンテンナンスは3ヶ月〜半年に一度のペースが理想的