トピックスTOPICS

インビザライン矯正の費用は?費用の内訳や負担の少ない支払い方法

矯正治療の中でも主流になってきている、目立たないマウスピース矯正の「インビザライン」ですが、治療を考えている際に一番気になるのが費用面ではないでしょうか?

インビザラインの治療は高額?それともワイヤー矯正と同じぐらい?治療費の内訳から、患者様の負担を少なくできる支払い方法など、今回はインビザラインの費用にクローズアップしてお話ししていきます。

インビザライン矯正の費用

インビザライン 費用

ここではインビザライン矯正にかかる平均的な費用や費用の内訳についてお話ししていきます。(医院によって差はあります)

費用の内訳

  • 初診料・相談料:0円〜10,000円
  • インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り):300,000円〜
  • インビザライン2(1より歯並びが悪い場合):650,000円〜
  • インビザライン3(上下顎の全体):850,000円〜
  • 管理料(調整量):2,000円〜10,000円
  • 保定装置料:20,000円〜50,000円
  • 精密検査料(検査診断料):20,000円〜50,000円

 

以上が一般的なインビザライン矯正治療にかかる費用の内訳です。これらを全て合わせると80万円〜100万円ほど になってきます。

もちろん患者様の症例や、歯科医院の値段設定によっても変わってきますが、最低でも80万円ほどはかかると考えておきましょう。

 

精密検査料とは?

インビザライン 費用

 

精密検査料(検査診断料)とは、矯正治療を始める前に患者様のお口の状態を把握し、治療計画を立てるための一番最初の検査 になります。

ここでは、口腔内の写真撮影やレントゲン撮影、矯正治療には欠かせない「セファロ」という側方から撮影するレントゲンの撮影や、歯形の採取などを行っていきます。

この精密検査で治療の方針が決まっていく、いわば設計図を作るための準備になる大事な作業です。

精密検査代は歯科医院によって金額が異なり20,000円〜50,000円ほど になります。相場は30,000円ぐらいです。

精密検査代が異常に安い場合や、無料と宣伝している歯科医院は検査内容が少なかったりと(無いとは思いますが…)不安な面もあるので注意が必要です。

調整料や処置料とは?

インビザライン 費用

調整料や処置料とは、矯正治療が始まり1ヶ月〜2ヶ月に1度歯科医院で歯の動きを確認したり、調整をおこなうためにかかる料金 になります。

2,000円〜10,000円ぐらい が一般的で、5,000円ぐらいに設定している医院が多いです。

ここでは歯がキレイに並ぶために、現在装着しているマウスピースの適合と、番号どおり順調に進んでいるか、アタッチメントなどが外れていないかを歯科医師が確認します。

この時にマウスピースの使用時間が守られているか、その他気になっている事などが無いか患者様にお聞きします。

他にも、歯を並べるスペースを作るために歯と歯の間をやすり掛けしていIPR(アイピーアール)と呼ばれる処置や、歯の表面に付けるプラスチックの突起物のアタッチメントを付け直したり、噛み合わせを調節するゴム掛けのためのボタンといった補助装置を装着したりします。

保定装置料とは?

インビザライン 費用

無事にアライナー(インビザライン専用のマウスピース)による矯正治療期間を終えたら、歯の後戻りを防ぐために「リテーナー」と呼ばれる保定装置を装着していきます。このリテーナーの料金が保定装置料になります。

一般的な費用が20,000円〜50,000円ほど になり、マウスピースタイプなのかワイヤータイプなのかによっても金額が変わってきます。

保定代や保定観察代は装置代に含まれることもありますので治療を始める前に確認しましょう。

 

インビザライン矯正でかかるその他の費用

 

インビザラインでは、先ほど紹介した費用の他にも追加で費用がかかる場合がありますので、ご紹介していきます。

抜歯

インビザライン 費用


矯正治療を始める際に、どうしても抜歯が必要な場合は抜歯代がかかります。

注意して欲しいのが、矯正治療のための永久歯の抜歯は保険適応外になるため自費料金として5,000円〜10,000円ほど かかってきます。抜歯する歯が多いほど費用が高くなるので、事前に歯科医院と抜歯が必要かどうかしっかり相談してください。

抜歯は矯正治療を始める前に終わらせておくことが一般的です。

リファインメント

インビザライン 費用


インビザラインの「リファインメント」とは、歯を並べていく上で、最初に立てた計画からわずかな誤差がでてくることがありますが、それを追加のマウスピースで修正したり、精度を上げる過程にあたります。

その場合には、新たに歯形を取ったりする必要があります。平均的にリファインメントはどんな方も2回〜3回ほどあるのが一般的で、このリファインメントを数回繰り返して、最終的に目標とする歯並びを目指していきます。

こちらのリファインメントですが、通常はインビザラインの治療費に含まれていることが多く、追加料金がかかることはあまりありません。

まれに医院によっては、リファインメントの追加料金(20,000円ほど) がかかるところもあるようです。

マウスピースの紛失

インビザライン 費用


インビザラインで使うマウスピースのアライナーを紛失した場合で、新たに作製し直さなくてはいけない場合は追加料金がかかることがあります。この場合は1つのマウスピースに対して10,000円程度 が相場です。

医院によっては紛失しても追加費用がかからないサービスを行っているところもありますが、出来れば普段から無くさないようにしっかりと管理しておきましょう。

インビザラインは「自費治療」です

矯正 インビザライン

インビザラインは「自費診療」の治療になるため、保険が適応しません。まれに症候群などの難しい疾患を伴っていたり、顎変形症といって重度の受け口や、出っ歯の場合は保険適応になる場合もあります。

ただしこの顎変形症は外科手術を伴う矯正治療になるため、軽度の歯並びの悪さでは適応になることはまずありません。

矯正治療は歯科診療の中でも高額な治療費がかかってしまうのですが、将来の自分の歯を考えると決して高すぎる投資ではありません。

歯並びが悪いと、キレイな人に比べて虫歯や歯周病のリスクがぐっと高くなります。治療費やメンテナンス費を考えても矯正治療は先行投資としておすすめです。

治療期間が伸びると治療代も高くなる?

インビザライン 費用

 

治療期間が伸びると治療代も高くなるの?という疑問ですが、こちらは残念ながらかかる治療費は高くなります

理由としては、毎月の調整料(処置料)がかかってしまうためです。

検査代やインビザラインのマウスピース費用が追加されることはありませんが、毎月歯科医院で行う処置料は長ければその分かかり続けるため治療代も高くなっていくのです。

毎月の調整料が5000円だとして、治療期間が半年伸びただけで5000×6=30,000円と、高額な費用がかかってしまいます。

計画通りに治療を終わらせるためにも、マウスピースはしっかりと決められた時間通りに装着していきましょう。

ただし、インビザライン矯正は治療の途中で誤差を調整したりするためにリファインメントと言われる追加のマウスピースが入ることが多く、当初の治療期間より多少伸びることがあります。こちらは、大事な過程ですので理解しておきましょう。

最初の計画より、多少伸びるということも最初に知っておくと費用の目安が立てられると思います。

 

格安のインビザライン治療はありえる?

現時点で、格安でインビザラインの治療を受けることは出来ません。

最低でもインビザラインマウスピースを作製して全ての歯の治療を行うには、最低でも65万円ほどはかかってしまいます。

ただ、歯科医院によって精密検査代や毎月の調整費、保定装置代は自由に設定できるため、その部分を格安にしたプランは存在します。

しかし、格安にするということはより多くの患者を診察しないと利益が出ないため、毎月の調整にあまり時間をとってくれなかったり精密検査も最低限と、どこかしらでデメリットの点が出てくるはずです。

矯正治療は、自分の体の1部ぶんを変える重要な治療です、生涯キレイな歯でいるためにもここは格安の治療と考えずに信頼の出来る歯科医院で治療を受けることをおすすめします。


医療費控除について

インビザライン 費用

 

インビザライン矯正は自費診療になるため、保険が適応になりません。しかし、症例によっては医療費控除の対象となる場合があります。

医療費控除とは、自分自身やご家族のために、その年の1月1日から12月31日までの間に10万円以上の医療費を支払った場合、税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってくる制度です。

ただし、インビザライン矯正で医療費控除が認められるためには、「歯の機能に問題があること」が条件です。

適応になると確定申告の際に還付金が戻るケースもあるので、その旨を矯正を行う歯科医院に相談してみましょう。

医療費控除の対象となるのはインビザライン矯正にかかるすべての費用です。治療費はもちろん、病院への交通費なども対象になるので、レシートをしっかりと保管しておきましょう。

インビザライン矯正の費用が医療費控除に該当する場合、その医療費については全額所得税がかかりません。その分、所得が少なるため、税金の還付を受けられます。

インビザライン費用の負担を少なくするには?

インビザライン矯正を始めたい…でも費用の面でなかなか始められない。といった方が多くいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのが、院内分割払い(無利子)に対応している歯科医院を選ぶこと です。主に自費治療など高額な医療費がかかる場合は、デンタルローンや院内分割払いなどのオプションがあります。

しかし、デンタルローンは利子がかかることが多く、最終的には余分なお金を払わなくてはいけないこともあるのであまりお勧めは出来ません。

院内分割支払いでは、歯科医院で分割払いに対応してくれるので毎月3万円〜など設定してもらえます。院内分割の場合は無利子で対応してくれるところだと余分な費用を払う必要がないのでおすすめです。

当院でも院内分割支払い(無利子)に対応しておりますので、ぜひお気軽に相談して下さいね。

費用が気になるから、出来るだけ格安の歯科医院で…と考えるよりも、負担の少ない支払い方法のオプションが豊富な歯科医院を選びましょう。

当院のインビザライン矯正について
田口歯科医院 インビザライン

当院のインビザライン矯正は、豊富な実績と経験をもつ日本歯科矯正学会の「認定医」が行っています。

ワンランク上のインビザライン矯正が受けられますので、歯並びでお悩みの方、目立たない矯正治療を考えている方はぜひお気軽にご相談して下さい。

また、当院では治療費の面に関しても患者様の負担が少なくなるよう、保定装置代がかからない(費用に含まれている)ことや、インビザライン自体の料金を相場に比べて低く設定したりと配慮した価格にしております。

当院のインビザラインの費用(全て税別)

  • 初診料・相談料:0円
  • インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り):200,000円〜
  • インビザライン2(1より歯並びが悪い場合):400,000円〜
  • インビザライン3(上下顎の全体):700,000円〜
  • 管理料(調整量):5000円
  • 保定装置料:矯正費用に込み
  • 精密検査料(検査診断料):30,000円

 

費用面でも負担が少ない設定にさせていただいておりますが治療費を売りにした診療は行っておりません。患者様1人ひとりに合った、適正な治療費をご提供させていただいてます。

費用面でお悩みの方は院内分割(無利子)が可能なため、毎月のお支払いも負担が少なくインビザラインの治療が始められます。

また、家族で矯正を始めるとさらにお得になる家族割りのプランもご用意しております。気になる方はぜひ、無料相談に来てみて下さい。

田口歯科医院の矯正治療についてはこちらから

 

まとめ

・インビザライン矯正の一般的な費用は80万円〜100万円
・インビザライ は自費診療
・基本のインビザライン治療代に精密検査や毎月の調整、保定装置代がかかる
・抜歯や追加のマウスピースで費用がかかることもある
・医療控除の適応になるケースもある
・格安のプランを選ぶよりも支払い方法が豊富な歯科医院を選ぶ
・院内分割払いがおすすめ

目立たない矯正として人気が高まっている矯正方法ですが、費用面では決して安い治療費ではありません。しかし、この先ずっと美しい歯並びで美味しくご飯が食べられるようになることを考えると、決して高すぎる投資ではありません。

笑顔にも自身がついて、毎日の生活が楽しくなります。何より虫歯や歯周病のリスクも減らすことが出来るので、悩んでいる方はぜひ気軽に歯科医院で相談してみましょう。

費用面では、院内分割に対応している歯科医院も増えてきています。当院でも院内分割対応で認定医によるクオリティの高いインビザライン治療を受けていただけますので、ぜひ無料相談にきてみて下さいね!