トピックスTOPICS

インビザライン矯正にかかる期間は?最短で治療を終わらせるコツ

最新の技術を使った「インビザライン」は、透明のマウスピースを使った目立たない矯正方法として現在多くの歯科医院で採用されています。

インビザライン矯正を始めようと考えている方で気になることの一つが治療期間ではないでしょうか?

マウスピース矯正はワイヤー矯正と比べて期間はどれぐらいかかるのか?治療期間を短くする方法など詳しくご説明していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

インビザライン矯正にかかる期間は?

インビザライン 矯正 期間

インビザラインの治療期間はトータルで1年半~2年ほどになります。もちろん動かしたい歯の本数やその距離幅により大きく変わってきますが、最低でも2年ほどかかると考えておきましょう。

インビザライン矯正の工程は大きく分けて2つあります。

インビザラインのマウスピース(アライナー)を装着して実際に歯を動かしていく「矯正期間」とキレイにならんだ歯並びを固定させる「保定期間」です。

  • 矯正期間:1年〜2年ほど
  • 保定期間:1年〜

 

もちろん個人差があるために人によって治療期間はそれぞれですが、大体1年から2年かけて歯を動かしていき、その後キレイに歯が並んだら1年ほど歯をリテーナーと呼ばれる保定装置で固定していきます。

保定期間について後ほど詳しくお話していきますね。

どうして矯正治療は長い期間がかかるの?

インビザライン 矯正 期間

矯正治療には最低でも2年と長い期間が必要になります。急いで歯並びをキレイにしたい気持ちはわかりますが、安全に正しい歯並びするにはどうしても時間がかかる理由があるので、ここでいくつかお話していきます。

歯やその周りの組織を傷つけないため

歯を支えている骨は、破壊と再生を繰り返して一定の期間で代謝を繰り返しています。肌の新陳代謝と同じような感じです。

その骨の代謝に合わせて、歯に力をかけて徐々に動かしていくのが矯正治療になります。この時に動かせる距離は最大でも1ヶ月に1mmほどと短い距離なのです。

それ以上の力を加えて大きく動かそうとしてしまうと歯を支えている骨や歯茎を傷つけてしまい、最悪の場合は歯が抜けてしまう、神経を傷つけてしまうなどの問題が起こってしまいます。

そのため、安全にしっかり歯を動かしていくには最低でも1年以上の期間が必要になることを理解しましょう。

並んだ歯を固定する保定期間が必要なため

歯を並べる期間は予定される矯正治療の期間の半分ほどで終わり、残りの半分は並べた歯を固定する保定期間になります。

この保定期間は並べた歯をキレイに保つ大事な期間なので、しっかりと時間をとって行う必要があります。

 

治療期間が長くかかるケースは?

ここではインビザラインの治療期間が伸びてしまう原因について、いくつかご紹介していきます。インビザラインをする上でも特に気をつけて欲しいことなので、こちらのポイントは押さえておきましょう。

抜歯をした場合

インビザライン 費用

矯正治療を始めるにあたって、歯並びによってはどうしても抜歯が必要なケースがあります。抜歯をすると、歯を抜いたスペース分歯を動かしていかなくてはいけないため、抜歯をしない場合に比べて治療期間が長くなるケースが多いです。

また、複数の歯の抜歯が必要な場合はマウスピース矯正が対象にならないこともあるため、ワイヤー矯正との併用や、ワイヤー矯正のみの治療をすすめられることもあることを理解しておきましょう。

抜歯が必要かどうかは、矯正を担当する歯科医師が判断します。

自分が抜歯が必要なケースかどうか不安な方は、まず無料相談などで相談してみましょう。

当院では、出来るだけ抜歯をしない「非抜歯矯正」をおすすめしています。他院で抜歯が必要と言われてしまった方も、一度当院で相談してみて下さい。

叢生(そうせい)の場合

インビザライン 矯正 期間

叢生(そうせい)とは歯並びがデコボコに生えてしまっている歯並びのことを言います。

叢生部分は歯が大幅に元の位置からずれてしまっているため動かすのに時間がかかります。また、歯を並べるスペースがない場合などは抜歯が必要になるケースもあるので、その分治療期間がかかってしまうのです。

重度の叢生の場合はインビザライン矯正が適応にならないケースもありますので、まずは無料相談で相談してみるようにしましょう。

叢生の歯並びは歯が重なって生えてしまっていることもあるため、歯ブラシを当てるのが難しく虫歯や歯周病のリスクがとても高いので、矯正治療をおすすめしています。

 

インビザライン矯正の期間が伸びてしまう原因は?

インビザライン デメリット

ここでは、矯正治療を始めてから当初の予定よりも大幅に治療期間が伸びてしまうケースをご紹介していきます。いくつかは患者様自身が気をつけていただくこともあるのでしっかりと理解しておきましょう。

マウスピースの装着忘れ

矯正 インビザライン

インビザラインのマウスピースの装着忘れなど決められた時間装着しなかった場合は、治療が大幅に伸びてしまう原因になります。

長時間マウスピースを装着しない場合は、予定の治療期間が伸びるだけでなくマウスピースが合わなくなり1から作り直しになってしまうなど最悪のケースもありますので気をつけましょう。

マウスピースの装着忘れは、患者様自身で気をつけていただく必要があります。毎日20時間以上マウスピースを装着する時間帯を決めてルーティーンを決めるのがおすすめです。

マウスピースの紛失

インビザライン 矯正 期間

インビザライン治療で起こりやすいトラブルの1つがマウスピースの紛失になります。

紛失したからとマウスピースを装着しない時間が長ければ長くなるほど、治療期間が伸びたり最悪の場合では治療のやり直しになってしまいます。

紛失に気づいたらすぐに主治医の先生に連絡して指示をもらいましょう。

ほとんどの場合は、1つ前に使っていたマウスピースや、紛失したマウスピースの次に使う予定だったマウスピースを装着してもらいます。必要な場合は、その間に紛失したマウスピースを作成する場合もあります。

マウスピースの紛失に気付いた時点ですばやく対応するようにしましょう。

リファインメント

インビザライン 費用

インビザライン矯正では、治療が進むと「リファインメント」と呼ばれる、インビザラインのアライナー(マウスピース)を作り直し追加のマウスピースを作成することがあります。

これは、治療を進める中で当初の計画とは歯の動きが異なってくる場合や、歯の並びを修正する必要がある時に行います。

リファインメントをいれるとその分治療期間も伸びますが、これはキレイな歯並びにしていくために重要な工程になるということを理解しておきましょう。

そして、このリファインメントはほとんどの患者様が必要になります。当社の計画では、いつリファインメントが入るかわからないため、最初の計画よりも治療期間が伸びてしまうのです。

 

インビザラインの矯正期間を短くする方法

少なくとも治療に2年ほどかかってしまうインビザライですが、少しでも最短で治療を終わらせるためのコツをいくつかご紹介していきます。どれも、患者様が意識して行って欲しいことですのでしっかり押さえておきましょう。

決められた時間マウスピースを装着する

矯正 インビザライン

インビザライン矯正治療を最短で終わらせるために一番重要なことが決められた時間マウスピースをきっちり装着することです。マウスピースを装着しなければ歯を動かすことができません。

長時間マウスピースの装着を忘れてしまったり、マウスピースを紛失して装着が出来なくなってしまうと歯が元の位置に戻ってしまう後戻りを起こしていきます。

後戻りを起こしてしまうと、今まで使っていたマウスピースやこれから装着する予定だったマウスピースが歯に合わず最悪の場合はマウスピースの作り直しになってしまうことも。

その分治療期間も伸び、毎月にかかる調整代も余計にかかるようになってしまいます。

地味な作業ですが、毎日コツコツと決められた時間マウスピースを装着するように徹底しましょう。

毎月の通院を忘れない

矯正 インビザライン

矯正治療が始まると1ヶ月〜2ヶ月に1回歯科医院での調整や確認が入ります。

歯の動きを確認して、アタッチメントを付け替えたり、歯を並べるスペースを作るために歯と歯の間をやすり掛けするIPR(アイピーアール)という処置を行います。

この作業は歯をキレイに計画的に並べていくためにも重要な工程で、通院を忘れてしまうと計画通りに歯を並べることが出来なくなってしまいます。

また、歯並びだけでなく虫歯の有無なども確認してもらえるため、初期の段階で処置が可能になります。

1ヶ月に1回の通院なのでついつい忘れてしまいがちですが、しっかりとカレンダーに記入にして忘れずに通院しましょう。

ホームケアをしっかりと行う

インビザライン 矯正 期間

これは矯正だけに言えることではありませんが、ホームケアをしっかりと行うことも矯正治療をスムーズに進めていく上で重要なことです。

まず虫歯が進行してしまうと最悪の場合は神経を抜いて被せ物を被せる処置が必要になります。

そうすると被せ物をした部分の歯の形態が変わってしまうので、最初に作ったマウスピースが入らなくなってしまい作り直しになってしまうことも。

また、歯周病が悪化してしまうと歯を支えている骨を溶かしていくので、矯正によって歯に力が加わると歯が抜けてしまうこともあります。重度の歯周病の場合は矯正治療自体が出来なくなってしまう可能性がありますので、普段からホームケアをしっかりと行いましょう。

特にインビザラインではマウスピースをしたままジュースを飲んでしまう方がまれにいらっしゃいますが、ジュースに含まれている糖分がマウスピースと歯の間に浸透して、虫歯を進行させていきます。

面倒くさいと感じますが、飲食をする際にはマウスピースを外し、また装着する前にはしっかりと歯磨きを行いましょう。

歯の後戻りを防ぐ「保定期間」

インビザライン 費用

矯正治療をする上でも、とても重要な「保定期間」ですが。まだあまり内容については知られていないように感じます。

保定期間はインビザラインのマウスピースで歯をキレイに並べた後、その歯並びをキープするために専用の「保定装置(リテーナー)」を一定の期間装着し、歯を固定させていく工程です。この期間がとても重要で、ここでその後の歯並びが左右されます。

歯は一度動かしても、元の位置に戻ろうとする力が働いたり、お口の癖などによって動いてしまうので保定期間は矯正をする上で欠かせない期間になるのです。

保定装置には硬い素材を使ったマウスピース細いワイヤーを歯の裏側に固定させるタイプ(フィックスタイプ (固定式))、表側の歯並びにワイヤーを沿わせ、裏側は透明なプラスチックのプレートが歯列を抑えるタイプ(ベッグタイプリテーナー)など様々な種類がありますのでその人にあった保定装置を歯科医師が提案してくれます。

保定装置については詳しく別の記事でお話していきますね!

せっかく時間をかけてキレイに並べた歯が後戻りを起こさないために保定期間中もしっかりと意識して過ごしていきましょう。

当院のインビザライン矯正について

田口歯科医院 インビザライン

当院では、矯正治療のスペシャリストである日本矯正歯科学会の「認定医」による矯正治療が受けられます。

また、抜歯をなるべくしない非抜歯矯正を中心とした矯正治療をおすすめしており豊富な実績と経験があるので、安心してご相談ください。

また、治療費のお支払いも院内分割が可能です(無利子)毎月決まった金額を払うシステムなので一括で大金を支払う必要がなく負担を大幅に減らすことが出来ます。

他にも家族で矯正を行うと割引になる「家族割り」なども用意しております。無料相談もしておりますのでお気軽にご相談ください。

矯正治療についてはこちらをご参考ください

 

まとめ

・インビザラインの治療期間は一般的に2年ほど
・治療期間には歯を並べる「矯正期間」と歯を固定する「保定期間」がある
・治療期間が伸びる原因はマウスピースの装着忘れやリファインメント
・治療を最短で終わらせるには必ず決められた時間マウスピースを装着すること

インビザラインを始め、矯正治療にかかる期間は長くその間もマウスピースを忘れずに装着したり、虫歯にならないようにしっかりとホームケアを行っていく必要があります。

なかなか大変な期間ですが、それを乗り越えれば一生キレイで健康な歯並びを手に入れることが出来ます。美しくなった口元をイメージして長い矯正治療を乗り切りましょう!

治療中も不安なことや気になることがあれば、矯正の先生に相談してください。当院でも矯正の無料カウンセリングいつでもお待ちしております。