トピックスTOPICS

インプラントにしたら息が臭い!? 口臭の原因・予防・対策

口臭を気にする男性

インプラントにした途端、今までにはなかった口臭を感じているということはありませんか?

口臭は、マスク越しではあまり人には気づかれません。しかし、マスクを取った時にマスクが臭いと悩んでいたり、家族など親しい人に指摘されたりしている方もいらっしゃるかもしれません。

インプラントにしてから口臭を感じるようになった・強くなった場合は、いくつかの原因があります。この記事では、予防や対策も含めて、インプラントと口臭の関係についてお伝えしていきます。

 

1.インプラント治療後に口臭が強くなる理由

インプラントの治療後から口臭が強くなるのは、以下のようなことが原因と考えられます。

  • ・磨き残しがある
  • ・上部のネジがゆるんでいる
  • ・インプラント周囲炎になっている

 

「磨き残しやネジのゆるみだけで、なぜ口臭がするようになるの?」

「インプラント周囲炎ってなに?」

疑問をお持ちだと思います。ひとつずつ詳しく説明していきますね。

 

1-1.磨き残しがある

磨き残しがひどい口内

磨き残しが原因で口臭が起こるのは、プラークが発生するからです。

インプラントと周辺の粘膜との間に磨き残しがあると、プラークが発生します。プラークとは歯垢のことです。

口内には500種類以上の常在菌がいて、その中には悪さをする悪玉菌も複数います。食後に歯みがきなどでしっかりと口内を清潔にしていれば、悪玉菌は活動できません。

しかし、歯や粘膜などに少しでも食べカスなどが残っていると、悪玉菌はここぞとばかりに活動し始めるのです。

悪玉菌は歯や粘膜についた食べカスに、自分で出す酸性の物質を混ぜて腐蝕させます。こうしてできたものがプラークです。

プラークが作られるときに腐敗によって出るガスは、口臭の原因となります。また、作られたプラーク自体にも悪臭があります

” プラークに含まれる細菌が、硫化水素(温泉のガスのような臭い)やメチルメルカプタンといった臭いの強いガスを作ります。またむし歯やその周囲の食べかす、歯周病が進行したときに歯周ポケットから出る膿みも嫌な臭いを発するため、口臭の原因となると考えられています。”e-ヘルスネットより引用)

 

1-2.上部のネジがゆるんでいる

インプラントの構造図

インプラントがゆるんで雑菌が入ると、口臭の原因になることがあります。

インプラントの構造は、大きく人工歯・接続部分(アバットメント)・インプラント体に分かれます。人工歯とインプラント体をつなぐ接続部分はネジで結合するタイプが多いのですが、このネジがゆるんでいると、間に雑菌が入ってしまうのです。

ネジがゆるむ原因は、かみ合わせが合っていないことが考えられます。第一、ネジがゆるんでいれば、口臭を感じるよりもまずインプラントのグラつきが気になるはずです。

ぐらつきを放置しておくと、口臭だけでなくかみ合わせがどんどん悪くなり、インプラントの欠損にもつながります。インプラントがグラついていると感じたら、すぐに受診しましょう。

 

1-3.インプラント周囲炎になっている

 

インプラント周囲炎の様子

インプラント周囲炎になると、強い口臭がします。インプラント周囲炎とは、歯周病と同じようなことがインプラント周辺で起こる病気です。

インプラント周囲炎や歯周病の原因は、プラークです。じつはプラークは悪玉菌の棲家でもあり、炎症を起こしながらインプラントと周辺組織との間に溝を作って、さらに深く侵入します。

症状がひどくなるとが発生し、プラークの臭いと膿の悪臭が混ざって強烈な臭いなります。これが口臭の原因です。

 

2.インプラントが原因の口臭の予防と対策

就寝前に歯磨きをする女性

インプラントを入れた後に口臭を防ぐには、プラークを作らせないことがポイントです。また、すでに口臭が起こっている場合は、次の3点に注意することで改善できます。

  • ・日頃の歯みがきを怠らない
  • ・定期メンテナンスにしっかり通う
  • ・インプラント周囲炎の治療を受ける

 

歯みがきと定期メンテナンスは予防にも共通しますので、ぜひ、以下の詳しい内容を理解しておきましょう。

 

2-1.日頃の歯みがきを怠らない

インプラントを入れていない方も、毎日の歯みがきは習慣にされていることがほとんどだと思います。歯みがきのタイミング朝・昼・晩の毎食後と、夜寝る前がベストです。

特に、寝る前の歯みがきは重要です。寝ている間は唾液が口の中に広がらないからです。

唾液には、免疫物質や抗菌・殺菌物質が複数含まれており、悪玉菌から歯を守っています。唾液が少ない方は虫歯や歯周病、インプラント周囲炎になりやすいので注意しましょう。

 

また、歯みがき時にはブラッシングだけでなく歯間ケアも重要です。歯間ブラシデンタルフロスを利用して、インプラントと歯ぐきの間のプラークも、しっかりと取り除きましょう。

 

2-2.定期メンテナンスにしっかり通う

インプラント治療後には定期メンテナンスがとても重要です。定期メンテナンスでは、セルフケアでは落としきれないプラークや雑菌を、歯科専用の機器徹底的に除去し、殺菌します。

定期メンテナンスに関しては医師から指示があると思いますので、予約通りにしっかりと通いましょう。

※定期メンテナンスは3ヶ月〜半年ごと程度です。うっかり忘れることがないように、予定に組み込んでおくのがおすすめです。

 

2-3.インプラント周囲炎の治療を受ける

一度インプラント周囲炎にかかると、通常の歯周病よりも進行が早いので治療が困難です。しかも、やっかいなことに自覚症状が少ないため、気づいたときにはすでに悪化している可能性があります。

症状が悪化すると同時に骨が痩せてインプラントを支える土台がなくなってしまうため、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。

初期症状は定期メンテナンスで見つけることもできますが、日頃から下記のような変化がないか注意しておきましょう。

  • ・歯みがき時に出血がある
  • ・歯肉が腫れている・赤くなっている
  • ・インプラントがグラグラする
  • ・インプラントにしたら口臭が強くなった

 

インプラントの口臭はWのケアで防げます

ガッツポーズをする歯科衛生士

口臭を防ぐには、日頃からの十分なケア定期メンテナンスでの徹底したクリーニングが重要です。

Wのケアはインプラントの寿命を左右すると言っても過言ではありません。インプラントを生涯利用できるよう口内ケアを習慣化しましょう。

 

◆この記事のまとめ
1.インプラント治療後の口臭の原因は、磨き残し・ネジのゆるみ・インプラント周囲炎
2.プラークは強烈な悪臭を放つ
3.プラークを放置しておくと炎症に発展し膿が発生する
4.プラークがインプラント周囲炎を引き起こす
5.口臭を防ぐには日頃のケアと定期メンテナンスが必須