トピックスTOPICS

インプラントの治療にかかる期間や通院回数はどれくらい?

カレンダーにマークする

インプラントの治療はしたいけれど、どれくらいの期間がかかり何回くらい通院すればいいのかというのは、ビジネスパーソンや忙しい主婦の方にとっては知っておきたいことだと思います。

そこで、今回はインプラント治療の全体でかかる期間と、通院回数をご紹介します。

何にどれくらい掛かるかが分かると、予定を立てやすくなります。インプラントを検討されている方は、ぜひ参考になさってください。

 

1.カウンセリングや検査にかかる期間

治療前のカウンセリング

インプラント治療に入る前に、まずはカウンセリングを行い、現状でのお口のお悩みをじっくりとお伺いします。その後いくつかの検査を行い、治療方針を決めていきます。

  • ・通院の回数・・・2〜3回くらい
  • ・通院の期間・・・2日〜2週間くらい

 

通院回数や期間に個人差があるのは、その方その方によって状態や環境が異なるからです。

 

1-1.カウンセリングの内容

カウンセリングでは、現状のお悩みを聞いてどのような治療ができるかをご説明します。また、検査後には診断結果の報告今後についての詳細をお話します。

  • ・アレルギーをお持ちかどうか
  • ・重度の歯周病や全身疾患はないか
  • ・通えない時間帯や曜日があるかどうか
  • ・お引越しの予定があるかどうか
  • ・診断結果の報告
  • ・治療方針のご提案
  • ・費用の説明

 

インプラント治療は外科手術を行うため、アレルギーや病気について事前にお聞きいたします。

また、インプラントを入れたい場所の骨量や歯ぐきの量が足りない場合には、骨や歯ぐきを増やす治療を行う必要がある旨を説明いたします。

ライフスタイルをお聞きするのは、例えばお引越しや長期出張のご予定がある場合は、それに合わせた治療計画を立て、治療を滞りなく行うためです。

 

1-2.検査の内容

インプラントの事前検査には、以下のような項目があります。

  • ・口腔内検査
  • ・レントゲン撮影
  • ・CT撮影
  • ・血液検査
  • ・血圧測定(必要な場合)
  • ・尿検査(必要な場合)
  • ・アレルギー検査(必要な場合)

 

口腔内検査、レントゲン撮影、CT撮影はインプラント治療を希望するすべての方に行います。

かみ合わせや粘膜の状態、虫歯や歯周病の有無や、お口の中の状態を平面・立体の両方から撮影して、お口の中を詳しく検査します。

 

血液検査では、外科手術ができるかどうかを調べます。もし全身疾患をお持ちだったりここ数年治療を受けたことがあれば、必要に応じて血圧や尿検査などを実施します(内科など他院で行っていただく場合があります)。

 

その他、金属アレルギーの心配がある方は、パッチテストなどをします。

▶金属アレルギーでもインプラントの治療ってできるの?

 

2.手術にかかる期間と回数

あるインプラント手術の過程

インプラント治療に取り掛かる準備が整ったら、インプラント手術を行います。

治療法には1回法と2回法があり、その方の骨量などに応じてどちらにするかが決まります。

  • 1回法
  • ・通院の回数・・・1〜2回くらい
  • ・通院の期間・・・1日〜2週間くらい
  • 2回法
  • ・通院の回数・・・4〜6回くらい
  • ・通院の期間・・・3〜7ヶ月くらい

 

2-1.1回法

  • ・通院の回数・・・1〜2回くらい
  • ・通院の期間・・・1日〜2週間くらい

 

1回法と2回法の違いは、簡単にいうと切開手術の回数の違いです。1回法では1回の切開でインプラント体と上部構造を取り付けます。期間は短縮できますが、感染のリスクは高くなります。

 

2-2.2回法

  • ・通院の回数・・・4〜6回くらい
  • ・通院の期間・・・3〜7ヶ月くらい

 

2回法では、1回目でインプラントを埋入して歯ぐきを完全に縫合し、骨としっかり固定するまで待ってから再び切開して上部構造を装着します。

時間はかかりますが感染リスクは少なく難しい状態を含めたほとんどのインプラント治療が可能となります。

 

3.骨が足りない場合には先に骨を増やす治療をする

造骨手術

  • ・通院の回数・・・2〜4回くらい
  • ・通院の期間・・・3〜7ヶ月くらい

 

骨の厚み・高さなどの骨量が足りない場合には、インプラントを埋入できるだけの骨を増やす必要があります。

骨再生にはGBR法、サイナスリフト法、ソケットリフト法、骨移植などの方法があり、患者さんとよく話し合い、ご納得いただいてから骨再生の治療をします。

▶インプラントで行う「造骨」とは?どうやって骨を増やすの?

 

歯ぐきを移植する場合

  • ・通院の回数・・・2〜4回くらい
  • ・通院の期間・・・1〜2ヶ月くらい

 

事故や歯周病などで大きく歯ぐきを失っている場合、お口の中の別の粘膜組織を削り、移植して安定するまで待ちます。

 

4.人工歯(上部構造)にかかる期間

上部構造を作製する

  • ・通院の回数・・・3〜6回くらい
  • ・通院の期間・・・1〜3ヶ月くらい

 

人工歯はインプラント体を埋入してから作製します。インプラント体と骨が結合するまでの間は仮歯を入れておくのですが、この仮歯を微調整することによって、最終的な人工歯のかみ合わせなどを決めていくためです。

▶インプラントの仮歯が重要な3つの理由とすぐに人工歯を入れないワケ

 

5.メンテナンスにかかる期間

歯科検診にきた女性

  • ・通院の回数・・・年に3回〜半年に1回くらい

 

治療後は、インプラントを良い状態に保つために定期にメンテナンスに通うことが重要です。定期メンテナンスを怠ると、インプラントの寿命を縮め、最悪の場合には再治療ということにもなりかねません。

といっても数ヶ月に1回でOKなので、その日は予定を忘れずにしっかりと受けましょう。

▶インプラントでメンテナンスをしないと損をする2つの理由

 

インプラント治療はしっかりと予定を立てよう

プランを立てる

インプラントは、ただ埋めて終わりではありません。埋める位置の確認から全身との関係治療後の予測までしっかりと計画して治療を始めます。治療後も定期メンテナンスに通院することが重要なので、しっかりと予定に組み込んでインプラントを末永く使いましょう

 

◆この記事のまとめ
1. カウンセリングや検査にかかる期間
・通院の回数・・・2〜3回くらい
・通院の期間・・・2日〜2週間くらい
2.手術にかかる期間と回数
1回法
・通院の回数・・・1〜2回くらい
・通院の期間・・・1日〜2週間くらい
2回法
・通院の回数・・・4〜6回くらい
・通院の期間・・・3〜7ヶ月くらい
3.骨が足りない場合の再生治療
・通院の回数・・・2〜4回くらい
・通院の期間・・・3〜7ヶ月くらい
4.人工歯(上部構造)にかかる期間
・通院の回数・・・3〜6回くらい
・通院の期間・・・1〜3ヶ月くらい
5.メンテナンスにかかる期間
・通院の回数・・・年に3回〜半年に1回くらい