トピックスTOPICS

インビザライン矯正と抜歯の相性について

こんにちは田口歯科医院です

今回は矯正を考えている患者様で特に不安に感じている「抜歯」について、お話していきます。

インビザライン矯正は抜歯をした歯並びと相性が悪いと言われることがありますが、その理由や抜歯をしてもインビザラインができるケースなどをご紹介していきます。

矯正を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

インビザライン矯正は抜歯をしないケースの方が向いている

インビザライン 抜歯

基本的にインビザライン矯正は抜歯をしないケースの方が向いているといえます。

その理由としては、マウスピース矯正は歯を外側や内側に動かしていくことには優れているのですが、平行移動には向いていないためです。

歯を抜くとそこにスペースができるため、歯を平行移動させて動かす必要があります。そこで、平行移動が得意なワイヤー矯正がマウスピース矯正よりも使われるのです。

またインビザライン矯正では、細かい動きで歯を動かしていくため歯を動かす距離が少ない歯並びの方がスムーズに矯正出来ます。

抜歯をした場合には、歯を抜いたスペース分歯を大きく動かさなくてはいけないため膨大な時間がかかってしまうのです。

特に顎の大きさや歯並びによっては、歯を数本抜かなくてはいけないこともあり、その場合数本分のスペースを埋めるためには歯を動かす力の強いワイヤー矯正が適応になります。

基本的に抜歯が必要になる矯正はワイヤー矯正の方が向いているということを理解しておきましょう

抜歯をしてもインビザライン矯正はできる?

インビザライン 抜歯

先ほど抜歯をしない方がインビザライン矯正に向いているとお話しましたが、抜歯をしたら何がなんでもワイヤー矯正というわけではありません。

インビザライン矯正の技術は日々進歩しています。最近では、抜歯を行ってもインビザラインで矯正を行えるケースが多くなってきました。

また、インビザライン矯正だけでは難しくてもインビザライン矯正である程度まで歯を動かして、その後ワイヤー矯正に切替えて歯を大きく動かすという方法やその逆でワイヤー矯正で歯を並べてから細かい部分の修正をインビザラインで行う場合もあります。

この場合は通常ワイヤー矯正のみで進めていく場合よりもワイヤーをつけている期間が少ないため、見た目の負担も少なくてすみます。

インビザライン 抜歯

特にワイヤーが気になる方は、マスクをする冬などの時期に合わせると見た目のストレスも少ないかと思います。

当院では、抜歯が必要な方はインビザラインとワイヤー矯正の併用を行っております。インビザラインを希望でも、ワイヤー矯正が必要になる場合があると説明させていただいております。

ワイヤー矯正をいれることで、大きく歯を動かすことができるので歯並びのクオリティも上がっていきます。少しの期間ワイヤーをつけていなければなりませんが、より美しい歯並びのためにもご理解ください。

矯正治療で抜歯が必要なケース

インビザライン 抜歯

ここでは、矯正治療を行う際に抜歯が必要になるケースをご紹介していきます。

歯が並ぶスペースが少ない場合

インビザライン 抜歯

矯正治療を行うにあたり、歯がキレイに並ぶスペースが確保できない場合は抜歯が必要になります。

歯を抜いた部分のスペースを歯を並べるために使うのです。特に顎が小さく歯が大きい方は、歯が並びきらずにガタガタになってしまうため抜歯をしてスペースを確保していきます。

これは、叢生(そうせい)と呼ばれる歯並びの方がよく当てはまります。

親知らずが生えている場合

インビザライン 抜歯

親知らず(前歯から数えて8番目の一番奥に生えている歯)が生えている場合、矯正をする際には抜歯をするケースが多いです。

親知らずは全部キレイに顔を出して生えてくるケースが少なく、ほとんどが埋伏と言って歯茎に埋もれている状態になります。これでは歯ブラシが届かずに汚れがたまりやすく虫歯のリスクも高くなります。

また親知らずが生えていることが後ろから前の歯が押されてしまい、矯正をした後に歯が動いてしまう後戻りをしてしまうことがあるためです。もちろん全ての人が抜かなくてはいけないわけではありませんが、抜くケースが多いです。

口元の突出が強い場合

矯正によって歯を並べていくうちに、歯がうまく収まりきらずに前に出てしまう場合も抜歯が必要なことがあります。

歯が全体的に前に出てしまうことによって、口元が突出して見えるいわゆる「口ゴボ」の状態に。この状態だと、口元がもっさりして鼻の下が伸びてしまいお顔の印象も変わってきます。

この状態にならないためにも、抜歯をして歯を並べるスペースを確保していきます。

どの歯を抜歯するの?

矯正をするために抜歯が必要な場合、どの歯を抜歯するの?と思う方も少なくないと思います。

お口の状況によって抜歯の部位は様々ですが、基本的には第一小臼歯(前歯から数えて4番目の歯)、もしくは第二小臼歯(前歯から数えて5番目の歯)の場合が多いです。

その理由として、私たちはモノを噛んで食べるときには、犬歯や一番奥の歯2本(大臼歯)をよく使います。そのため、小臼歯のどちらかを抜いても、噛み合わせに大きな影響はないものとされているからです。

また、虫歯の治療などで大きな金属がすでに装着されている場合や、歯が虫歯などで大きくダメージを受けている場合などはその歯を抜歯して、健康な歯を残すこともあります。

そして、親知らずが生えている場合にも抜くケースが多いです。親知らずは歯を動かす上で邪魔になり将来的にも虫歯ができやすいためです。

人によって抜く歯は異なるため、絶対にこの歯を抜くと断言はできませんが参考までにしてみてください。

抜歯したスペースが埋まるにはどれぐらいかかる?

インビザライン 抜歯

矯正のための抜歯をした場合、歯を抜いた部分にスペースができます。

抜歯をした場合は、基本的にその部分をワイヤー矯正により短期間で埋めていきますが、インビザラインの場合では通常半年から1年かかることが多いです。

インビザラインでは少しづつ歯を動かしていくため、ワイヤー矯正よりも歯が動くスピードが遅いため、長い期間がかかってしまうのです。

親知らずであれば見えない部分なので気になりませんが、第一小臼歯(前歯から数えて4番目の歯)、もしくは第二小臼歯(前歯から数えて5番目の歯)を抜いた場合は、話すときや笑う時にそ外側から見えることがあるため、気になってしまうという方もいらっしゃいます。

ワイヤー矯正であれば、抜けた部分にワイヤーが通っているため見た目的にもあまり気にならないこともあり抜歯部分はワイヤー矯正をおすすめしています。

抜歯をしないで歯を並べるには?

誰でも矯正をする際に抜歯が必要になるわけではありません。抜歯をしなくても矯正が可能な方法を紹介していきます!

歯を軽く削る

インビザライン 矯正 痛み

インビザラインで抜歯をせずに歯を並べる場合、歯がキレイな位置にスムーズに動くために歯と歯の間をヤスリで軽く削りスペースを作るIPR(またはディスキングとも言います)という処置を行っていきます。

削ると言っても、歯の表面のエナメル質(約2ミリ)ある部分0.2ミリ程度とわずかに削るだけなので、歯に影響はなく痛みを感じることもありません、

このIPRを歯の動きに合わせて行っていき、歯がうまく並ぶように手助けしてあげるのです。

歯を後ろに動かす

また、奥歯の後ろのスペースを使い歯を後ろに動かしていくことで歯をキレイに並べることも可能です。

歯を後ろに動かしていくためには、その部分に顎の骨があることが前提ですので、セファロという側方からとれる矯正専用のレントゲンを使用して、確認してから矯正を行っていきます。

歯を後ろに動かすことにより、前の部分にも歯を並べるスペースができるので抜歯がなくても歯はキレイに並ぶことが出来ます。

矯正のための抜歯は「自費」になります

インビザライン 費用

また、矯正の抜歯について知っておくべきことが費用についてです。

矯正治療のために抜歯を行う際ですが、矯正治療のための抜歯は保険適応外になるため自費診療での治療になってしまいます。

抜歯1本にあたり5,000円〜10,000円ほど(医院によって変わります)かかってきます。抜歯する歯の数が多いほど費用が高くなるので、事前に歯科医院と抜歯が必要かどうかしっかり相談してください。

当院のインビザライン矯正

田口歯科医院 インビザライン

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しており、豊富な経験と実績で質の高いインビザライン矯正を提供しております。

また治療方針としてもなるべく抜歯を行わない「非抜歯矯正」をおすすめしております。

インビザライン矯正をする場合も出来るだけ抜歯を行わないようなしていきますが、どうしても抜歯が必要な方は目立たないワイヤー矯正やインビザラインとワイヤー矯正の併用をおすすめしております。

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しております!

矯正治療を始めるにあたり、費用やお痛み期間など不安なことはしっかりとご相談にのりますのでお気軽にご連絡下さい。

<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

 

*インビザライン矯正をする全ての方に、ワイヤー矯正が必要になることもあるということを最初にお伝えさせていただいています。ご理解下さい。

まとめ

・インビザライン矯正は非抜歯の方が向いている
・抜歯が必要な場合はインビザとワイヤー矯正の併用がおすすめ
・矯正のための抜歯は自費診療

今回は、矯正による抜歯についてお話してみました。インビザラインは抜歯をしない非抜歯矯正としておすすめされていますが、抜歯が必要なケースでもワイヤー矯正を併用することによりインビザラインでの治療も可能になっています。

通常よりもワイヤーをつけている期間が短く済むので、見た目のストレスも少ないと思います。

インビザライン矯正や抜歯についていつでもご相談にのっておりますのでお気軽にご連絡下さい。当院では、矯正の無料相談も行っております