トピックスTOPICS

インビザライン矯正の治療で重要な「顎間ゴム」とは?


こんにちは田口歯科医院です

前回は、インビザライン矯正治療に欠かせないアタッチメントについてのお話をしていきました。今回は「顎間(がっかん)ゴム」についてお話していきます。

歯並びの良し悪しを決める大事な処置になりますので、矯正治療を考えている方は顎間ゴムがどんな処置なのか理解していきましょう

 

インビザライン矯正の「顎間ゴム」とは?

インビザライン 矯正 痛み

「顎間ゴム(がっかんごむ)」は通称「ゴムかけ」と呼ばれ、上顎の矯正装置と下顎の矯正装置(インビザラインの場合はマウスピースに)にまたがって治療用のゴムをひっかける処置のことです。

顎間ゴムは上と下の歯の矯正器具にゴムをかけることで、ゴムの引っ張りあう力を利用して噛み合わせを整えるために顎のずれを改善したり歯を移動したりするために行います。

そのため、歯がある程度整い噛み合わせを整える段階(矯正治療の中盤から後半)で行われることがほとんどです。

顎間ゴムに使用するゴムは「エラスティックゴム」といい、種類によって太さや強さが何段階にも分かれています。

動かしたい場所や目的に応じて段階的にゴムの種類や掛け方をドクターが判断していきながら目標とする歯並びへと近づけていきます

この顎間ゴムは、ゴムかけを患者さん自身で行っていただく必要があり、目安として1日20時間以上、基本的に食事と歯磨きの時間以外は着用します。

インビザラインのマウスピースを装着している時には、ゴムかけも行うといった感覚です。ゴムかけを忘れると治療が長引いてしまうこともあるので、しっかりと決められた時間に行うようにしましょう。

顎間ゴムのかけ方種類

-2級ゴム(上顎前突の場合)

不正咬合の1つである「上顎前突」いわゆる出っ歯の状態の歯並びを改善するために使用します。上の前歯を後ろに引っ張るような感じで、上の犬歯付近と下の第一大臼歯付近のフックにゴムをかけていきます。

-3級ゴム(下顎前突の場合)

不正咬合の1つでもある「下顎前突(反対咬合や受け口)」いわゆるしゃくれの状態の改善に使用します。

先ほど紹介した2級ゴムとは逆の働き方になり、下の歯を後ろに引っ張るような感じで、下の犬歯のあたりと上顎第一大臼歯付近のフックにゴムをかけていきます。

-クロスゴム

交叉咬合(クロスバイト)など上下の噛み合わせが左右にずれている場合に使用します。上下の同じ歯の表側と裏側にクロスするようにゴムを掛けていきます。第二大臼歯(一番奥の歯)にゴムをかける場合は、装着するのが大変なことも。

-垂直ゴム

噛み合わせた時に、上下の歯が噛みあっていない場合に使用します。「台形ゴム」とも呼ばれ、上下の歯に垂直にゴムをかけ、縦に引っ張り合うことで、しっかり噛み合わせる効果があります。

 

顎間ゴムで起きやすいトラブル

インビザライン 顎間ゴム

・ゴムがかけられない!

顎間ゴムに慣れていない頃はゴムをかけるのも一苦労!特に奥歯になればなるほど、その難易度は上がっていきます。

何回トライしてもゴムがかけられない場合はそのままにせず矯正の医師に相談しましょう。また、ゴムかけをするための専用のスティックやピンセットを使ってみるのもおすすめです。

最初は鏡をみながらコツをつかむまで何度も繰り返してみて下さい。当院もゴムかけの方法などアドバイスを行っていますので、お気軽にご相談下さいね

・痛みが出てきた!

ゴムかけをすると大きな力が歯にかかるため、ゴムかけをしたばかりの頃は痛みを感じる方も多くいらっしゃいます。

そんな時は痛み止めを飲むなどして対処しましょう。

痛みがあるからといってすぐにゴムを外してしまうことはしないで下さい。痛み止めを飲んでも効かない場合や我慢できない痛みの場合は歯科医師に相談しましょう。

痛みは2日〜3日ほどで慣れてしまうことがほとんどです。

・ゴムが切れてしまった!

ゴムが切れてしまうことも多々あります。基本的にゴムかけに使うゴムは24時間を目安に新しいものに交換しましょう。

劣化したゴムを使っていると引っ張る力が弱かったり、切れてしまう原因にもなります。

また、ゴムが切れてしまった時も新しいものにすぐ付け替えられるようにゴムは常に複数持ち歩くようにして下さい。

顎間ゴムはいつまで行う必要がある?

インビザライン リファインメント

顎間ゴムによるゴムかけは、矯正治療期間中の数ヶ月(2ヶ月〜3ヶ月ほど)行うことがほとんどです。

矯正治療中ずっとゴムかけをしていることはほとんどありません。

また、歯並びによってはゴムかけの作業自体必要ない人もいますので、全員が全員ゴムかけを行わなければならないわけではありません。

全て矯正のドクターの判断になりますので、不安なことがあればどの都度聞くようにして下さいね

ゴムかけはサボらないようにしましょう!

実はこのゴムかけ作業は矯正治療の中でも特に大変なパート!

ゴムをかけている間は引っ張られる違和感や痛みに耐えなければいけませんし、ゴムを自身でかける手間もあります。

また、口を開いた時にはゴムが見えてしまうこともあるので見た目が気になる方もいるかもしれません。

しかし、煩わしいからとゴムかけをサボってしまうと治療期間が伸びてしまうどころか、歯並びが崩れてしまい最終的な歯並びに大きく影響してしまうことも。

ゴムかけは歯並びをキレイに整える最終段階だとイメージしながら毎日コツコツ頑張っていきましょう。ゴムかけに慣れてくると、そこまで気にならなくなってきますよ

当院のインビザライン矯正治療

         田口歯科医院 インビザライン

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しており、豊富な経験と実績で質の高いインビザライン矯正を提供しております

また、インビザラインだけでなく目立たないワイヤー矯正や、小児矯正にも対応していますので、矯正治療を考えている方はお気軽にご相談ください。

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しております!

矯正治療を始めるにあたり、費用やお痛み期間など不安なことはしっかりとご相談にのりますのでお気軽にご連絡下さいね

<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

 

インビザライン矯正では、場合によってワイヤー矯正の併用が必要になるケースもありますので、インビザライン矯正をする全ての患者様にワイヤー矯正を併用する可能性があることをお伝えしております。

矯正治療の無料相談は予約制になっておりますので、ご都合のよりお日にちをお伝えください

まとめ

・顎間ゴムは矯正治療の中盤から後半に行われる
・ゴムかけの期間は数ヶ月(2ヶ月〜3ヶ月ほど)
・ゴムかけは矯正治療期間の中でも大変なパート

今回は、矯正治療で重要な処置である「ゴムかけ」についてお話していきました。ゴムかけは自身で管理しないといけないこともあり、特に大変な作業です。

しかし、健康な噛み合わせや美しい歯並びにはとても大切な工程になりますので、少しの間我慢してコツコツ行っていきましょう

矯正を始めようと考えている方も、矯正中の方もゴムかけなど不安なことがあればなんでも相談して下さいね