トピックスTOPICS

インビザラインのマウスピースが臭い!?その原因と対処法


こんにちは田口歯科医院です

インビザライン矯正をする上で生活の一部になってくるのがマウスピースの存在です。

食事以外の時には、ずっとつけっぱなしにしておかなければならないため臭いなどのトラブルも起こりがちに

今回はインビザラインのマウスピースが臭う!そんなトラブルの原因と対処法についてお話していきます


インビザラインのマウスピースが臭くなる原因

インビザライン 臭い

インビザライン矯正中の方で「マウスピースが臭う…」と感じたことがありませんか?

この臭いのトラブルは、使用しているマウスピースをしっかりと洗浄しないことで起こりやすくなります。

インビザライン矯正で使用するアライナー(マウスピース)はプラスチックのような素材でできているため、元々匂いなどが移りやすいです。

また、装着しているとマウスピースの表面に細かい傷ができ、その傷の中にお口の中の細菌などが入り込み繁殖しながら臭いを発します。

  インビザライン 臭い

さらに唾液が付着したまま放置すると石灰化してマウスピースが白くなり臭いの原因に。

そのため、毎回しっかりとお手入れをしてあげる必要があります。

インビザラインでは定期的にマウスピースを交換するので、多少汚れててもいいや!と思ってしまいがちに。

しかし、マウスピースが細菌や汚れの温床になってしまうと虫歯や歯周病さらには口臭のリスクが高くなってしまいます。

普段からマウスピースのお手入れをしっかり行うようにしましょうね

 

矯正中は口臭がきつくなることも

             

また、インビザライン矯正中には口臭がきつくなることがあります。

これは、インビザラインでは長時間マウスピースを装着していることにより口の中が乾燥しやすくなることで起こるものです。

唾液には菌を洗い流したりする効果があります。

しかし、マウスピースの内側は唾液が浸透しないために常に乾燥した状態になりやすく、口臭の原因になる菌が繁殖しやすい環境に。

朝起きた後に口臭がきつくなっているのと同じような状態です。

この後、矯正治療中の臭い対策についてご紹介していくのでぜひ参考にしてみて下さい

矯正治療中の臭い対策

ここではインビザラインのマウスピースの臭い対策についてご紹介していきます!

 

マウスピース洗浄剤で洗う

 

マウスピースはこまめに専用の洗浄液につけてお手入れするようにしましょう。

マウスピースの洗浄剤には汚れを分解し、臭いの原因になる菌を除菌する効果に優れています。

手洗いでは落ちない汚れや臭いも分解してくれるので積極的に使うようにしてくださいね

洗浄剤は歯科医院でも販売していますが、ドラッグストアでも購入することができます。

入れ歯洗浄剤などのコーナーに置いておるので、マウスピース専用のものを選ぶようにしてくださいね

使い方としては、一定の量のお水かぬるま湯(お湯は禁物です)に錠剤を入れて5分〜10分ほどマウスピースをつけておくだけです

簡単に使用できるので、寝る前や朝起きた後に洗浄する癖をつけましょう

 

乾燥した状態で保管する

マウスピースを保管する際には、乾燥したままで保管するようにしてください。

水に濡れたままの状態ですと細菌が繁殖しやすくなり臭いの原因になります。

洗浄後もすぐに装着しない場合は、水気をしっかりと拭き取り通気性のよい場所で保管しておきましょう。

 

歯磨きをしっかり行う

マウスピースだけではなく、お口の中もキレイに保つことが重要です

私たちの歯垢(プラーク)には、大量の細菌が集まっています。

しっかりと歯磨きをしないで歯垢が付着したままマウスピースを装着してしまうと、マウスピースに細菌が移ってしまう原因にもなります。

また口臭だけでなく虫歯や歯周病の原因にもなりますので、普段からしっかりと歯磨きをするようにしましょう

歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスも忘れないようにして下さいね。

 

唾液の分泌を促す

先ほども説明したように、お口の中が乾燥した状態だと細菌が繁殖しやすくなります。そのため唾液の分泌を促すのも大切です。

こまめに水分をとる、ガムを噛む(マウスピースを外して)唾液が出やすくなるように唾液線のマッサージを行うのも効果的です。

唾液腺は、舌の下、顎の下、耳の下に左右で対の状態で存在しています。耳の下や顎の下を親指で軽く円を描くようにマッサージすると唾液腺が刺激されて唾液が出やすくなります。


マウスピースの汚れは「口角炎」の原因にも

     インビザライン 臭い

インビザライン矯正治療中に起きやすいトラブルの一つが「口角炎」です。

ほとんどの人が経験したことのある症状だと思いますが、口角炎になると唇の端(口角の部分)が避けてしまい、笑ったり口を開ける強い痛みを感じます。

口角炎の原因としてストレスやお口の乾燥、口の中の細菌状態が挙げられます。

矯正治療の場合は、お口が乾燥することの他にもマウスピースが不衛生な状態でいることによって起こることもありますので、しっかりと洗浄するようにしましょうね

長い間口角炎に悩んでいた患者様が「アライナーを洗浄剤で洗うようになってから口角炎が治った!」という方もいらっしゃいます

※アライナーが直接の原因かは分かりませんが口角炎に悩んでいる方は洗浄をしっかりと行いましょう

お手入れの際の注意点

インビザライン デメリット

インビザラインのマウスピースのお手入れには注意して欲しいポイントもいくつかあるので、しっかりと理解しておきましょう。

 

お湯にはつけない

インビザラインのマウスピースはプラスチックのような素材で出来ているためお湯につけると変形してしまう恐れがあります。

そのため、洗浄する際には、ぬるま湯かお水で洗うようにしましょう。

 

歯磨き粉で洗わない

マウスピースを歯磨きを使って洗浄することは避けるようにしましょう。歯磨き粉には研磨剤が入っているので、マウスピースの表面に細かい傷をつけやすくなります。

細かい傷は細菌が繁殖しやすくなる原因にもなってしまいます。

洗浄する場合は、つけ置きするタイプの洗浄剤などを使いましょう。

 

硬いもので擦らない

硬い素材のブラシなど硬いもので擦らないようにしましょう。

これもマウスピースに傷がつく原因になります。最悪の場合は破損の恐れもあるので柔らかめのブラシで洗浄するようにしましょう。

 

マウスピースのケースのお手入れも忘れずに

インビザライン 臭い

マウスピースの洗浄はしっかりしているけど、ケースはそのまま放置している!という方も多いのでは無いでしょうか?

水分がついたマウスピースを保管したりすることでケースでも細菌が繁殖しやすくなります。

マウスピースのお手入れをする際にケースの洗浄も一緒に行いましょう。

軽く除菌用のシートなどで拭くのもおすすめですよ

ケースは湿度の高い場所ではなく、風通しの良い場所に置いておくようにしましょうね

当院のインビザライン矯正

        田口歯科医院 インビザライン

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しております。

豊富な経験と実績で質の高いインビザライン矯正をご提供しております

また、インビザラインだけでなく目立たないワイヤー矯正や、小児矯正にも対応していますので、矯正治療を考えている方はお気軽にご相談ください。

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しております

矯正治療を始めるにあたり、費用やお痛み期間など不安なことはしっかりとご相談にのりますのでお気軽にご連絡下さいね

<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

 

インビザライン矯正では、場合によってワイヤー矯正の併用が必要になるケースもあります。

インビザライン矯正をする全ての患者様にワイヤー矯正を併用する可能性があることをお伝えしておりますので、ご了承ください

インビザライン矯正治療が始まった後も、お口のトラブルやマウスピースの取り扱いなど親身に相談にのりますので何でも質問して下さいね

まとめ

今回はインビザラインのマウスピースの臭いについてお話しました。

マウスピースの臭いを発生させないためにも、洗浄剤などで毎日お手入れをするように心がけましょう

なかなか面倒くさい作業ではありますが、虫歯や歯周病、口臭の予防にもなりますので自分のお口のようにマウスピースもお手入れしてあげて下さいね

当院では矯正治療の無料相談も行っていますので、お気軽にご連絡ください