トピックスTOPICS

インプラント手術の前日・当日・直後の過ごし方|田口歯科医院

インプラント手術の前後や当日の過ごし方をチェック!

インプラント治療を受けることになったとき、気になるのは手術前後や当日の過ごし方ですね。

もちろん歯科医院からもお伝えしますが、忘れてしまった・ついうっかり聞き逃した!ということもありますよね。

そこで、インプラント手術の前後や当日過ごし方・注意点などについてご紹介します。

 

1.インプラント手術の前日の過ごし方

前日は通常通りの過ごし方で。

インプラント手術の前日までは、通常と変わらずに過ごしていただいて構いません。ただし、過度の飲酒は控えましょう

前日は体調を整え、夜はたっぷりと睡眠をとっておくことをおすすめします。

また、喫煙は手術の2週間前くらいからお控えください。体内にタバコの成分が残っていると、インプラントの骨への定着が阻害されてしまいます

 

2.インプラント手術の当日の注意点

手術当日は、体調を整えておきましょう。万が一、熱っぽいなど体調不良があるときは、担当医に知らせてください

その他の注意すべき点は、以下のものです。

  • ・直前までの食事の時刻
  • ・来院までの歯みがき
  • ・来院時の服装・お化粧
  • ・来院時の乗り物
  • ・術後の痛みや腫れ
  • ・術後の食事
  • ・術後の入浴
  • ・手術前後の喫煙

 

では、詳しく説明していきますね。

 

2-1.食事は指示通りに済ませておく

食事は手術の4時間前までには済ませておいてください。

特に静脈内鎮静法を行う方は、食事時間の厳守をお願いいたします。

コーヒーやお茶、ジュースなどの飲み物も同様です。水分をとりたいときにはお水にしてください。

 

2-2.歯みがきを済ませておく

歯みがきは来院前に、ご自宅にて丁寧に済ませておきましょう

 

2-3.服装はゆったりしたものを

歯の手術なので服を脱ぐことはありませんが、トレーナーやスウェット、ジャージなど、身体を締め付けないゆったりした服装にしましょう。

当日は、指先に血圧を測る機械をつけますので、マニュキアは落としてきてください。また、お口の周りの消毒を行うため、お化粧もしないで来院してください。

 

2-4.来院は自分で運転しない

手術では麻酔を使います。手術後に車やオートバイの運転をするのは危険ですので、当日は公共機関やタクシーなどで来院してください。

特に静脈内鎮静法を行う場合は、急なふらつきや眠気が襲ってくることがあります。

 

2-5.術後の食事は麻酔が切れてから

手術後の食事は麻酔が切れてからにしましょう。ほとんどの場合1〜2時間程度で切れます。

手術直後は食事しづらいと思います。患部を刺激しないためにも噛まなくてもいいスープやお粥などにしましょう。

 

2-6.痛みや腫れが出た場合の対処法

手術後は鎮痛剤と化膿止めが処方されます。医師の指示に従って服用してください。

痛みや腫れはたいてい1週間くらいで自然に引いてきます。腫れを早く引かせたい場合は濡れタオルを頬に当てるのがおすすめです(極端に冷たいものはインプラントの固定を阻害する恐れがあります)。

※鎮痛剤を飲んでも痛みが収まらない場合痛みが我慢できないくらい大きい場合は、早めに歯科医院にご連絡ください

また、下唇のしびれ・湿疹・鼻血・膿などが出た場合には、すぐに歯科医院に連絡して指示を仰ぎましょう。

 

2-7.術後当日の入浴はシャワーで

手術をした当日の入浴はシャワーのみにしてください。血行がよくなると手術跡が開いてしまう可能性があります。

湯船に浸からないと疲れが取れないという方もいると思いますが、ご協力ください。

 

2-8.喫煙は引き続き控える

手術の直前直後も、引き続き禁煙をお願いいたします。

 

3.手術後しばらくの生活での注意

手術翌日からしばらくの間は、以下の項目に注意することが必要です。

  • ・食事
  • ・歯みがき・うがい
  • ・飲酒
  • ・運動
  • ・喫煙

 

具体的なポイントについては、この後詳しく説明していきますね。

 

3-1.食事は2〜3日は柔らかめのものを

手術後2〜3日は、インプラントが骨に定着している途中ですので、あまり噛まなくても良い食事にしてください。

  • <おすすめの食事>
  • ・よく煮込んだやわらかいうどん
  • ・スープ
  • ・おかゆ
  • ・おじややリゾット
  • ・栄養補給ゼリー

 

  • <避けたほうが良い食事>
  • ・カレーやキムチなど香辛料が効いた辛い料理
  • ・レモンなど酸味が強いもの
  • ・炭酸飲料など刺激のある飲み物
  • ・かき氷など極端に冷たいもの
  • ・熱々の鍋など極端に熱いもの
  • ・フランスパン
  • ・硬いせんべい
  • ・ナッツ類

 

3-2.歯みがきやうがいで刺激しないよう気をつける

手術後しばらくはインプラントがしっかりと固定していません。歯みがきやうがいで刺激をしないように注意が必要です。

  • ・歯磨き粉を使用しない
  • ・患部は磨かない(他の歯は通常通り磨いても良い)
  • ・ブクブクと強い水流でうがいをしない

 

抜糸をする1〜3週間後くらいまでは、お口の中の不快感や違和感が続くことがあります。気になるかもしれませんが、舌や手でいじらないように注意しましょう。

 

3-3.飲酒は1週間控える

手術後1週間くらいは飲酒を控えましょう。血行を良くしすぎると骨との定着を阻害してしまいます。この状態で飲酒をしてしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • ・腫れが出ることがある
  • ・痛みが出ることがある
  • ・炎症が起こることがある
  • ・治癒が遅くなる
  • ・処方された薬の効果が正しく発揮できない

 

特に処方された化膿止めは、飲み切ることで感染症などを防ぐことができます。

手術の予後を順調にするためにも、飲酒は控えましょう。

 

3-4.運動は2〜3日は控える

運動も血行をよくするので、手術後2〜3日は控えてください

術後は痛みや腫れなどもある場合が多いですので、安静を心がけましょう。

 

3-5.喫煙は2週間くらい控える

タバコは手術後2週間くらいは控え、その後もできれば禁煙するのが好ましいです。ただ、どうしてもやめられないというかたは、以前より本数を減らすのが良いでしょう。

インプラントはインプラント周囲炎という歯周病になりやすいという特徴があります。

喫煙をしていると歯周病になりやすく、歯茎の血行が悪くなるので歯周病になっても出血しないので気づくのが遅くなります

タバコを吸う方は、より歯みがきや口腔ケアに気をつけてくださいね。

 

3-6.翌日からの入浴は湯船もOK

手術をした翌日からは、湯船に浸かっても差し支えありません

ただし、2〜3日は長湯はお控えください

 

インプラント前後を適切に過ごし安心して手術に臨もう!

インプラント手術で注意すべきポイントのおさらいをしてみましょう。

◆この記事のまとめ
1.食事や歯みがきは事前に済ませておく
2.当日は自分で運転して来院しない
3.ゆったりした服装で
4.術後の食事は麻酔が切れてから
5.当日の入浴はシャワーで
6.術後1週間の飲酒は控える
7.翌日から2〜3日の食事は柔らかいものを、運動はNG
8.喫煙は前後2週間くらいは禁煙
9.処方された薬は飲み切る

 

術後に痛みや腫れが激しくなったり、薬を飲んで気になることがあった場合には、すぐにご連絡くださいね。

※インプラント後の治癒については個人差があります。掲載する期間などは、あくまでも目安です。