トピックスTOPICS

60歳以上の方にインプラントをおすすめする5つの理由

60歳以上こそインプラントがおすすめです

歯を失ったときの治療法のひとつにインプラントがあります。

ただ、60歳以上の方は「インプラントは高額だし、いまさらインプラントなんて」といった印象を持たれて敬遠している方もいるのではないでしょうか。

しかし、当院では60歳以上の方にこそ、インプラントをおすすめしたいと思っています。

ここでは、なぜ60歳以上の方にインプラントをおすすめするのか、その理由を詳しくご紹介します。

 

インプラントにどんなイメージをお持ちですか?

インプラントのイメージはネガティブ?それともポジティブ?

「インプラントは今後の長い人生を不自由なく暮らすためのもの。いまさらインプラントなんて」と思っていませんか?

当院は矯正治療や通常の歯の治療もしていますが、治療に来られる方でインプラントに対するネガティブなイメージを持たれている方も少なくありません。

例えば…。

  • ・高齢になってから高額治療をするのは意味がない
  • ・若いときより骨が弱くなってきているのに骨に穴を開けるなんて。
  • ・この歳になって手術なんて絶対にイヤ。
  • ・年金暮らしのことを考えると歯にお金をかけるなんてもったいない。

 

たしかに、おっしゃることには一理あります。誰だって無駄だと思うことをしたくありませんし、ブリッジや部分入れ歯などもっと簡単な治療法もありますよね。

ただ、それを覆すほどの歯科医師しか知らない理由もあるのです。次の項では、まずはインプラント以外の治療法のデメリットをご紹介します。

 

ブリッジや部分入れ歯の知らされていないデメリット

医師しか知らないデメリットとは…

ブリッジや部分入れ歯はインプラントに比べると価格も安く、治療期間も短いので希望する方も多いです。

ただし、知っておいていただきたいデメリットもあります。

当院ではブリッジや部分入れ歯の治療もしておりますので、それぞれのメリットももちろん十分に承知しています。ただし、これから高齢期に入るという方の場合には、少し注意が必要なのです。

 

ブリッジや部分入れ歯は隣接した健康にダメージを与える

ブリッジは両隣の健康な歯を削ります

ブリッジという治療法は、失った歯の両隣の歯を支えにして上から被せものをする方法です。

両隣の歯はちょうど橋を支える足の役割で、3〜4本が連続した被せものを作ります。

そのため、足になる部分の歯健康でなければならず、しかもそのまま被せることはできないので少し削らなければなりません

つまり、健康な歯を削るということです。

歯の表面を削ると虫歯になりやすく、万が一虫歯になった場合にはブリッジが成立しなくなります

また、部分入れ歯は他の歯や歯茎にフックをかけて使います。ということは、当然、他の歯や歯茎にダメージを与え続けると言い換えることもできるのです。

 

ブリッジや部分入れ歯は噛む力が半分以下になる

りんごが齧れない…!

ブリッジや部分入れ歯は、噛む力が天然歯の半分から1/3に低下します。

これは、ブリッジや部分入れ歯が独立しているのではなく、他の歯に支えられているためです。

支えている方の歯は、通常の自分にかかる2倍〜3倍もの負荷がかかるので、どうしても受け止められる力に限度があるのです。

 

ブリッジや部分入れ歯の最終形は総入れ歯

ブリッジや部分入れ歯は総入れ歯になる確率が高い

高齢になると歯茎が下がってきて歯周病になりやすくなります。ブリッジや部分入れ歯は、ただでさえそんな過酷な状態のところに負荷をかけるわけですから、若い時のお口の状態に比べるとよりダメージが大きいことは容易に想像できますね。

ブリッジの場合、昔に比べて品質や技術は向上し、生存率も高くなりましたが、それでも13年経過するとトラブルが発生し、15年で約1/3の生存率、20年後では1/2というデータがあります(「8020に対する歯科補綴学的文献レビュー」より)。

部分入れ歯においては、5年後には約40%が使用不可となり、4年以内に93%の歯が虫歯になるという研究結果があります。(「部分床義歯の予後に関する臨床研究」(Amemori 1968)など)。

それに比べてインプラントの生存率は10〜15年で約90%

インプラントの残存率は埋入部位および埋入条件により異なるが、システマティックレビュー等を参考にしたところでは部分および全部欠損症例における 10~15 年の累積生存率は上顎で約 90%程度、下顎で 94%程度である。また抜歯即時埋入や骨移植を伴った埋入では若干生存率が下がるものの 87~92%程度である。「厚生労働省委託事業 歯科保健医療情報収集等事業」より

つまり、上手にケアすれば一生使えるということです。長期的にみれば、経年劣化で何度も作り変えが必要なブリッジや部分入れ歯に比べ、インプラントは良い選択肢ということができるでしょう。

 

セラミックにすると高額になる

保険適用で作った入れ歯はもろく見た目もよくない

ブリッジや部分入れ歯は、厚生労働省が指定する材料にすれば、保険適用内で済ませることも可能です。

ただ、その指定材料はプラスチックや銀になります。

  • <プラスチック>
  • ・割れたり欠けたりしやすい
  • ・変色しやすく、変色すると落ちない
  • <銀>
  • 見た目の問題がある
  • 金属アレルギーには向かない

 

見た目や強さの問題を解決するにはセラミックなどの材料が有効ですが、セラミックは保険がきかず高額なので、全体的な費用は結局インプラント治療と変わらないという方も多いです。

 

60歳以上でインプラントにすることのメリット

シニア以上にはインプラントがおすすめです

今度は、インプラントにするメリットをご紹介します。

  • 1.噛む力が低下しない
  • 2.何歳になってもなんでも美味しく食べられる
  • 3.認知症になりにくい
  • 4.他の歯に悪影響を与えない
  • 5.日々のお手入れが楽

 

ひとつずつ詳しく説明していきますね。

 

1.噛む力が低下しない

インプラントは噛む力が強い!

インプラントは骨に直接埋め込むため、歯にかかる力を骨で受け止めることができます。

そのため、噛む力が強く天然歯と比べても遜色ありません

噛む力が低下しないおかげで、以下のようなメリットもあります。

 

2.何歳になってもなんでも美味しく食べられる

インプラントなら何でも美味しく食べられます

高齢になるほど、食べることは日々の生活の大きな楽しみの一つとなります。

そんな中で、食べたいものが食べられないのはけっこうなストレスですよね。

インプラントにすると、お肉や繊維のある野菜も天然歯と変わらずに噛めます。また、入れ歯のように味がよく分からないといったお悩みを持つこともありません。

 

3.認知症になりにくい

認知症を予防すれば孫とタブレットで遊ぶことも

近年、噛む力が認知症に深くかかわっていることが分かっています。

アルツハイマー型の認知症の原因はアミロイドβという物質なのですが、この物質が一定量たまると、脳内の神経細胞を壊してしまうのです。

広島大学大学院の丹根一夫教授は2004年のフォーラムで、アミロイドβは噛む機会が少ないと増えるという研究結果を発表しました。

実際のアルツハイマー病患者の口腔内を観察すると、歯の喪失が顕著で、長期間にわたり咀嚼機能が大きく低下していることが容易に推察されますが、このことがアルツハイマー病の発症に関与している可能性が強く示唆されます。(「咀嚼が痴呆を予防する―なぜ歯があるのか?」(広島大学大学院医歯薬学総合研究科)より)

 

さらに、咀嚼機能を復活させると認知症予防につながるとも明言しています。

 

4.他の歯に悪影響を与えない

いつまでも健康な歯でいたいものです

インプラントはなくなった歯の根の部分に直接人工歯根を入れるので、他の歯に支えられなくても自立しています。

つまり、他の歯に影響を及ぼすことがないのです。

正しい噛み合わせを維持できるので、むしろ他の歯の生存率もアップさせます。

 

5.日々のお手入れが楽

毎日のお手入れは歯みがきだけ

インプラントは骨に固定されているので、毎日のケアは通常の歯みがきだけです。

取り外して専用液に漬けたりする手間がありません。

ただし、数ヶ月に一度は歯科医院で定期検診を受けることをおすすめします。

 

手術が怖い方には無痛&リラックスのうちに済む方法もあります

ここまで読んでくださった方は、インプラントのイメージが随分変わったのではないでしょうか。

「とはいっても、インプラントの手術が怖い」という方も、ご安心ください。

うたた寝状態でリラックスしている間に手術が済んでしまう静脈内鎮静法という方法も行っています。

今回ご紹介した他にもインプラントについて不明点や疑問点があったら、お気軽にご相談くださいね。

 

◆この記事のまとめ
1.ブリッジや部分入れ歯は隣接した健康な歯にダメージを与える
2.ブリッジや部分入れ歯は最終的に総入れ歯になる可能性が高い
3. ブリッジや部分入れ歯の費用は安いが材料や作り直しを考えるとインプラントとほぼ変わらなくなる
4.ブリッジや部分入れ歯は噛む力が落ちるがインプラントは天然歯と変わらない
5.インプラントは何でも美味しく食べられる
6.インプラントは認知症予防にもなり日々のお手入れも楽