トピックスTOPICS

歯ぎしりしていてもインプラントはできる?対処法は?

歯ぎしりがあってもインプラントは可能?

「歯ぎしりのクセがあるとインプラントはできないのですか?」というご相談を時々受けます。

たしかに、歯ぎしりがあるとインプラントに強い力がかかりそうで心配ですよね。

ここでは、歯ぎしりをしていてもインプラントができるのかということや、歯ぎしりを改善する方法をご紹介します。

歯ぎしりのクセがある方や、周りから歯ぎしりを指摘されたことがある方はぜひ読んでみてくださいね。

 

歯ぎしりがあってもインプラントは可能です

歯ぎしりがあってもインプラントは可能!

基本的に、歯ぎしりがあってもインプラントを入れることは可能です。

ただ、ご心配のとおり、強い力がかかるとインプラントの寿命は短くなります。天然歯には衝撃を緩和するクッションのような組織がありますが、インプラントは直接骨に埋まっているため、衝撃をダイレクトに受けて壊れてしまうリスクが高くなるためです。

そういったことがあるために、歯科医院では歯ぎしりを改善する治療法もご提案しています。これについては、後半でご紹介しますね。

 

オーバーデンチャーも可能?

数本のインプラントを土台にする入れ歯の、オーバーデンチャーロケーターインプラントも同様で、入れ歯を支えるインプラントが強い衝撃によって破損すると、入れ歯を支えることができなくなります

 

ところで、歯ぎしりには3種類のタイプがあるのをご存知ですか?種類によって、歯や顎への負担に違いがあります。

 

あなたの歯ぎしりはどのタイプ?

歯ぎしりのタイプは、大きく以下の3つに分かれます。

  • ・グラインティング
  • ・クレンチング
  • ・タッピング

 

歯ぎしりにこのような名前があるなんて驚きですよね。種類は歯ぎしりの症状によって分かれています。

 

1.グライディング

グライディングは上下の歯をすり合わせる歯ぎしりです

よくあるギリギリと上下の歯をこすり合わせる歯ぎしりです。ほとんどの場合、寝ている間無意識に行われるため、自分では気がついていないこともあります。

このタイプの歯ぎしりは歯や顎に大きな負担がかかり、重さにすると60〜 100kgもの荷重となります。

大柄な男性1人分の重さが歯や顎に乗っていると考えると、かなりの重さですね。

 

2.クレンチング

クレンチングはギュッと噛みしめる歯ぎしりです

このタイプはギリギリ、カチカチといった音がせず、上下の歯を強く食いしばる、噛みしめるといった歯ぎしりです。

起床時などに無意識に行われ、ストレスを感じている場合に現れることが多いです。顎に大きく負担がかかるため顎の付け根のエラ部分が痛んだりします。

かかる力の大きさは、グライディングと同じくらいです。

 

3.タッピング

タッピングは就寝時でなくてもクセでやってしまう人も。

タッピングは他の2つよりも負担が軽く歯がカチカチと鳴る程度です。やはり寝ている間にしていることが多く、家族や同居している方に指摘されて気づくことが多いです。

 

歯ぎしりを見つける方法

どうすれば歯ぎしりしてるかどうか分かるの?

以下の項目にひとつでも心当たりがあれば、上記のいずれかの歯ぎしりをしている可能性があります。

  • ・家族や同居人に歯ぎしりを指摘されたことがある
  • ・歯の咬み合わせ部分が平たい
  • ・起きた時にアゴがだるい、痛い
  • ・集中すると無意識に奥歯に力が入っている
  • ・舌に歯の跡がある・頬の内側に横線のような盛り上りがある
  • ・知覚過敏がある
  • ・上顎や舌の裏にコブのような隆起ができた

 

歯ぎしりの対処法

歯ぎしりのクセがあるままインプラントを入れると、インプラントが破損してダメになってしまうリスクが高まります。

せっかく入れたインプラントをやり直すとなると、費用も時間もまたかけなければなりませんよね。

そうならないように、歯科医院では歯ぎしりの治療をしています。

 

1.ナイトガード

ナイトガードで歯をガードする

就寝時マウスピースをつけて、直接歯と歯が当たらないようにガードする方法です。

自分で取り外しが可能ですが、マウスピースはあくまでも現状を回避するための対処法です。

ナイトガードを使用しても改善しない場合は、矯正治療という方法もあります。お気軽にご相談くださいね。

ナイトガードの費用:約8〜9千円(保険適用の場合)

 

2.矯正治療

矯正治療で根本的に改善する

歯の咬み合わせを矯正することで歯ぎしりが治ることもあります。

これは、歯ぎしりの原因が歯並びや咬み合わせにある場合です。

根本的に原因を取り除くので、歯ぎしりがなくなることが多く、咬み合わせも改善するので満足度が高くなります。

ただし、矯正治療は自費診療になりますので、費用や期間などをよく考えて検討しましょう。また、一定の技術も必要なので医師選びも慎重に行ってください。

矯正治療の費用:約50〜150万円(基本的に保険適用外)

 

自分でできる歯ぎしり改善法

自分で意識することで歯ぎしりを改善できる方法もあります。

お金をかけずに試せるので、興味のある方はやってみてくださいね。

 

1.リラクゼーションと自己暗示法

寝る前の自己暗示でリラックスしてぐっすり

まずは寝る時のです。枕はいつもより低めのものにし、首の後ろ部分に当てるようにします。すると、頭が少し上向きになり、口周りがリラックスします。

次に自己暗示法ですが、寝る前に布団に入ったら、ゆっくりと呼吸しながら、頭・肩・腕・指先・お腹・足・足の先の順番で意識していきます。これは自己暗示療法と呼ばれる心理療法のひとつで、意識した部分の身体がじんわりと暖かくなり、リラックスして眠ることができますよ。

 

3.ストレスとなる原因を取り除くのも大事

リラクゼーションは1日10分でも効果あり

ストレスが原因で歯ぎしりが起こっていると思われる場合は、ストレスの原因を取り除くことも重要です。

人間関係は環境など、すぐに離れるのはなかなか難しいかもしれませんが、ストレスを感じたらうまくガス抜きができるようにするといいかもしれません。

1日10分は自分だけのためのご褒美時間を作る、信頼できる人に話を聞いてもらうなどがおすすめです。

 

歯ぎしりを放置すると起こりやすい6つのリスク

歯ぎしりを放置しておくとリスクがいっぱい

歯ぎしりを放置すると、インプラントがダメになる以外にも色々なリスクがあります。

 

1.被せものや歯、歯の根が欠ける

かぶせものがある方は被せものが、健康な歯でも歯や歯の根が破損するといった症状が現れることがあります。

 

2.歯周病になりやすい

歯ぎしりは歯や歯茎に大きな負担となるので、歯周病になりやすくなります。

インプラントを入れた場合はインプラント周囲炎にもなりやすくなるため、注意しましょう。

▶インプラントでかかる歯周病「インプラント周囲炎」とは?

 

3.知覚過敏になりやすい

歯ぎしりを放置しておくと、歯茎が弱まり知覚過敏になる可能性があります。

知覚過敏になると冷たいものや熱いものが歯にしみる、硬いものを噛むと痛いといった症状が起こります。

 

4.顎関節症になることがある

歯ぎしりはアゴにも大きな負担をかけるため、顎関節症になる方が多いです。顎関節症には以下のような症状があります。

  • ・口を動かすと顎の付け根がカクカク、あるいはゴリゴリと音がする
  • ・アゴが痛む、口が開けにくい
  • ・ひどくなると口が1cm程度しか開けられず、ものが食べられない

 

顎関節症になると治療が必要になりますので、注意しましょう。

 

5.骨隆起ができる

上顎や下顎(舌の裏)にコブのようなものができることを骨隆起(こつりゅうき)といいます。

これは骨が肥大化したもので、歯ぎしりを放置しておくとでき、自然治癒しません。

健康への弊害などはありませんが、入れ歯や矯正装置が入れにくくなる、しゃべりづらいといったことが起こることがあります。

 

6.慢性的な頭痛や肩こりが起こる

歯ぎしりは歯やアゴに余計な力が入るために、慢性的な頭痛や肩こりを引き起こします。

1ヶ月に何度も頭痛がある、いつも肩こりで悩んでいるという方は、歯ぎしりを改善すると治る可能性がありますよ。

 

歯ぎしりを改善してインプラントを長持ちさせよう

インプラントを長持ちさせるには歯ぎしりを改善すること

歯ぎしりがあってもインプラントを入れることは可能ですが、正直あまり長持ちはしません

インプラントを希望するなら、ナイトガード矯正治療でなるべく歯ぎしりのクセを治すことを考えましょう。

 

◆この記事のまとめ
1.歯ぎしりがあってもインプラントは可能
2.ただし、破損しやすくなる
3.グライディングとクレンチングは歯やアゴにかかるダメージが大きい
4.歯ぎしりを治すにはナイトガードや矯正治療がおすすめ
5.自分でリラックスや自己暗示法などでも改善できることがある
6.歯ぎしりの放置は、顎関節症や慢性的な頭痛など健康に悪影響を及ぼす