トピックスTOPICS

インビザライン矯正中は歯周病になりやすいって本当?

こんにちは田口歯科医院です

今年も残り少なくなってきましたね!今年は新型コロナなどの影響で外出や旅行の機会が減り我慢の一年でした

しかし、こんな時期だからこそ矯正治療を始める方も多く増えています

特に若い方や働いている方に人気の高いインビザライン矯正は、目立たないマウスピースを使うためにさらに見た目を気にすることなく治療が進められます。

そんなインビザライン矯正ですが、矯正を始めるに当たって「矯正中は歯周病になりやすいのでは?」と心配される方がいらっしゃいます。

今回はそんな疑問に答えるべく、インビザラインと歯周病についてお話ししていきますね

インビザライン矯正中は歯周病になりやすい?

インビザライン 歯周病


結論から言うと答えは「NO」です

インビザライン矯正は、他の矯正治療に比べるとマウスピースの取り外しが可能なので、普段通りに歯磨きがしやすく歯周病になるリスクはとても少ないです。

正しいケアを行っていれば、矯正前と同じように歯周病を予防することが出来ます

ですがインビザラインのマウスピースを装着しているときは、マウスピースの破損に繋がったり、汚れの原因になるため基本的に飲食ができません。

そのためインビザライン矯正中は食事のたびにマウスピースを外し、食後にしっかりと歯磨きを行ってから再装着する必要があります。

その手間から、インビザライン矯正を始めた人は歯磨きが面倒になったり疎かになる人も多いようです

しっかりと歯磨きをしないままマウスピースを装着することで、残っている汚れを餌に歯周病の原因となる菌が増えていきます

通常は私たちの唾液が菌や汚れを洗い流してくれることで、むし歯や歯周病を予防してくれる(自浄作用)のですが、マウスピースを装着していると唾液の自浄作用が届かないため、菌がどんどん増えていき歯周病を引き起こしやすくなります。

歯周病が起こる原因や段階については後ほど詳しく説明していきますね

インビザライン矯正のために歯周病が起こるのではなく、インビザライン矯正中の歯磨きが億劫になることで歯周病が起こりやすくなるということです

歯周病になるかならないかは自分のケア次第もちろん歯科医院でもクリーニングや歯磨き指導を行っていますので、どんどん頼ってくださいね

歯周病ってどんな病気?

インビザライン 歯周病

平成23年の厚生労働省が行った歯科疾患実態調査では15歳以上の約77%の人が歯周病にかかっていると言われています。

約3人に2人が歯周病にかかっているということですとても多いですよね

意外と身近に感じるこの歯周病は、日本人が歯を失う原因の1位でもある怖い病気で、一度かかってしまうと完治はとても難しく長い間コントロールしていく必要があります。

歯周病はどんな病気なのか簡単に説明すると、歯周病菌に感染し歯の周りの歯茎や歯を支えている骨に炎症を起こし様々な症状を引き起こします。

そして、最終的には歯を支えている骨を溶かしていき歯が抜けてしまう病気です

この時、歯自体はどんなに健康でも歯周病が進行することで歯の根っこから抜け落ちてしまうんです抜けた歯は2度と元には戻りません

歯周病の症状

                                  インビザライン 歯周病

歯周病の症状は様々ですが以下のものが挙げられます


・歯ぐきの腫れ
・歯ぐきからの出血
・口臭
・歯ぐきの痛み
・歯が揺れる
・歯が抜けてしまう


歯周病は、どんどんと悪化していくと強い口臭や痛みそして歯がグラグラになっていきます。

こうなる前に歯科医院にて正しい処置を行う必要がありますので、しっかりと定期検診で診てもらうようにしましょう

歯周病の進行度

健康な状態 歯ぐきがキュッと引き締まり綺麗なサーモンピンク色 1~2㎜(歯周ポケットの深さ)
歯肉炎 歯ぐきに炎症が起こり出血や腫れ 2~3㎜
歯周炎(軽度) 歯を支えている骨が溶け始める 3~5㎜
歯周炎(中度) 炎症がさらに悪化し歯がぐらつき始める 4~6㎜
歯周炎(重度) 歯がグラグラで抜けそうになる 7㎜以上


このように、歯周病には進行していく段階があります

いきなり、歯がグラグラになるわけではなく、徐々に進行していき最終的に歯がグラグラになって抜けてしまうのです

そんなことにならないためにも、早期発見早期ケアが重要

次で、インビザライン矯正中に歯周病にならないために注意してほしいポイントをご紹介していきますね

インビザライン矯正中に歯周病を予防するには

インビザライン 歯周病

正しい歯磨きをしてからマウスピースを装着する

とにかくこれに限ります歯周病や虫歯は正しい歯磨きが重要

特にインビザライン矯正では、マウスピースを外している時間が少なく歯磨きができる時間やタイミングが限られてしまっているので,
その時にしっかりと食べカスやプラークを落とすようにしましょう

特に歯周病の予防を徹底したい方は、歯ブラシのヘッド部分がコンパクトで毛先が尖って細くなっているものを選ぶようにしましょう

そして歯磨きをする際には、毛先を歯と歯ぐきの境目に入れ込むようにして優しく磨くことで、歯ぐきの際の部分の汚れが落とせます

また歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやフロスも併用するようにしてくださいね

マウスピースを清潔に保つ

しっかりお口の中を綺麗にしても、マウスピースが雑菌だらけで汚れているようでは意味がありません

インビザラインのマウスピースは定期的に交換していきますが、虫歯や歯周病を予防するためにも普段からしっかりと洗浄するクセをつけてください

洗浄方法はお水で洗い流し、専用のマウスピース洗浄剤につけておくだけでOK

歯ブラシで擦ったり、お湯をかけたりするのは破損や変形の原因になるのでやめて下さいね

歯科医院で定期的にクリーニングを受ける

おうちでのケアも大事ですが、歯ぐきの中まで入り込んだプラークや歯石は自分の力で落とすことが出来ません

なので、定期的に歯科医院でプロによるクリーニングを受けるようにしましょうインビザラインの調整日にクリーニングを一緒に予約しておくのもおすすめです

また、歯周病や虫歯の早期発見にも繋がりますので歯科医院の通院も忘れずにして下さいね

歯周病予防効果のある歯磨き粉や洗口液を使う

普段使っている歯磨き粉やマウスウォッシュ(洗口液)を歯周病予防効果のあるものにするのもおすすめです

歯周病予防効果のある薬用成分としては、「IPMP(イソプロピルメチルフェノール)」や「塩化セチルビリジニウム(CPC)」「塩酸クロルヘキシジン(CHX)」があります。

歯茎に炎症が見られる人は、歯茎の腫れ・出血を抑制する「グリチルリチン酸」「トラネキサム酸(TXA)」や歯茎の活性化が期待できる「ビタミンE(酢酸トコフェロール)」が配合されている歯磨き粉を選ぶと良いでしょう

当院のインビザライン矯正

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しており、質の高いインビザライン矯正を提供しております

また、インビザラインだけでなく目立たないワイヤー矯正や、小児矯正にも対応していますので、矯正治療を考えている方はお気軽にご相談ください

 

<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

 

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しております

家族割りなどお得な制度も用意しておりますので、ぜひご検討してみて下さい

当院では、歯科医師・矯正医師・歯科衛生士が一丸となって歯や歯ぐきの健康を守っていきます

矯正中も歯周病や虫歯にならないように、しっかりとケア、診察させていただきますので安心して通って下さいね

まとめ

歯周病は突然重度の症状が出る病気ではなく、徐々に進行していく病気です

重度の歯周病になる前に早い段階から予防していくことが大切です。正しいブラッシングを毎日行い、歯垢の付着しにくい清潔な状態を維持していく努力をしましょうね

その点、歯や歯ぐきの健康を維持しながら矯正をするにはインビザライン矯正はとても心強い味方です

矯正を考えているけど、歯周病にはなりたくない…と考えている方はぜひインビザライン矯正を始めてみませんか?

当院では矯正の無料相談も行っていますので、お気軽にご予約下さい