トピックスTOPICS

インビザライン矯正で「すきっ歯」は治療できる?

歯と歯の間に隙間ができてしまっている「すきっ歯」は話した時や笑った時に見えてしまう部分ということもあり、思いっきり笑えない、コンプレックスに感じている…という方も多いのではないでしょうか?

こんにちは田口歯科医院で矯正の認定医として勤務している吉田です!今回はインビザラインとすきっ歯についてお話ししていきます。

インビザラインですきっ歯は治療できるのか?すきっ歯の原因など、さまざまな角度から解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

インビザライン矯正ですきっ歯は治せる?

           インビザライン すきっ歯

結論から言いますと、インビザライン矯正ですきっ歯は「治療することが可能」です

ただし重度のすきっ歯ではインビザライン矯正だけでは治すことが難しいこともあり、ワイヤー矯正と併用になったりワイヤー矯正のみの矯正になることもあります。

インビザライン矯正はマウスピースを使った治療で、ひとつのマウスピースをずっと使い続けるのではなく決められた期間で次のマウスピースに交換していき歯を少しずつ動かしていくことですきっ歯を改善していきます。

インビザライン矯正で使用するマウスピースは透明で目立ちにくいため、見た目を気にすることなくできるという利点がある矯正治療です。

すきっ歯とは?

       インビザライン すきっ歯

すきっ歯とは歯と歯の隙間が大きい症状のことで「空隙歯列(くうげきしれつ)」という正式名称があります。

空隙歯列の中でも前歯の中心の隙間が大きい症状のことを「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。

       インビザライン すきっ歯

空隙歯列は笑ったときや会話するときに目に付きやすいので、すきっ歯は主に見た目が気になるという患者さまが多いかと思います。

また、隙間から空気が漏れるので発音が不明瞭になりやすいです。

すきっ歯は放おっておいたら自然に治るのか?

すきっ歯は残念ながら自然に治るものではありません。

しかしながら、インビザライン矯正で治療をすることで理想的な歯並びに改善していくことができます。

すきっ歯の中でも前歯の中心に大きな隙間のある正中離開の場合は、特に治療前と治療後で見た目の印象がかなり変わりますので自然な笑顔になれるでしょう。

すきっ歯のままでいるとどうなる?

すきっ歯は人と話すときに目に付きやすいので、審美的な面にばかり注目されがちですが影響があるのはそれだけではありません。

では、すきっ歯の治療をせずにそのままで過ごしているとどんな影響があるのでしょうか。


<すきっ歯の悪影響>

・審美的な面で良くない
・食べ物が詰まりやすい
・歯磨きがしにくい
・歯垢が溜まりやすい
・歯石が溜まりやすい
・虫歯になりやすい
・歯と歯の隙間が大きすぎるためフロスがしにくい
・歯周病になりやすい
・隙間から空気が漏れるので発音しにくい



上記のとおり、すきっ歯を放置していると悪い影響がたくさんあります

お口の中のケアの基本である歯磨きがしにくいと歯垢が溜まってしまい、歯垢を放置してしまうと歯石になってしまいます。

歯石になってしまうと、ご自身の歯磨きでは取り除くことが難しくなってしまい虫歯や歯周病の原因に。

このような悪循環が生まれてしまうのを防ぐためにも、できるだけ早めにインビザライン矯正ですきっ歯の治療をはじめることをオススメしています。



すきっ歯になってしまう原因

     インビザライン すきっ歯

すきっ歯になってしまう原因は大きく分けると、生まれつきの体質によるもの日々の生活習慣でなってしまっている場合と2種類あります。

その中でも日々の生活習慣が原因の場合では、せっかくインビザライン矯正で理想的な歯並びになっても治療後にもとの歯並びに戻ってしまう可能性があります

そのような事態を防ぐためには、インビザライン矯正中はもちろんのこと治療後も患者さまご自身が意識して悪い癖を改善していくことが求められます。


●生まれつきの体質によるすきっ歯の原因とは?

【歯の本数が少ない】

永久歯の本数はすべて生え揃うと合計28本(親知らずを入れると合計32本)ですが、もともと歯が少ない場合は、歯の足りない部分の隙間が開きやすいです。

【歯が小さい】
顎のサイズに対して歯の大きさが小さいと、歯と顎のバランスが悪くてスペースが余分になってしまうことが原因ですきっ歯になりやすいです。

【過剰歯がある】
「過剰歯」とは本来の歯の本数よりも多く生えてきた歯のことです。過剰歯があることで、他の歯が生えてくるときに邪魔をしてしまいスムーズに生えてくることができなくなってしまいます。

【上唇小帯が発達しすぎている】
上の前歯と唇側のあいだの部分にあるヒダ(上唇小帯)が過剰に発達していると、正中離開の原因になることがあります。

●日々の生活習慣によるすきっ歯の原因とは?

生まれつきの体質には問題がなかったとしても、歯並びや噛み合わせに悪い影響がある習慣を続けているとすきっ歯になりやすくなってしまうので注意して改善していくと良いでしょう。

すきっ歯の原因になる悪い生活習慣は下記をご覧ください。

【頬杖をつく】
頬杖をつく癖があると無理な方向へ力がかかってしまって、歯並びに悪影響があるのです。もちろん、すきっ歯の原因にも繋がっていきます。

【食事の時の癖】
食事中に食べ物を飲み込むとき、舌で前歯を押す癖があると歯が少しずつ動いてしまい歯並びが悪くなってしまいます。

【指しゃぶり】
小さなお子様に多い指しゃぶりですが、長く続けているとすきっ歯になりやすくなります。

インビザライン矯正とワイヤー矯正を併用することも

     インビザライン すきっ歯

患者さまの症例によっては、インビザライン矯正のみでの治療が難しい場合もあります。

そのような場合はワイヤー矯正と併用することで理想的な歯並びへ導いていくことが出来ます。


ワイヤー矯正とは歯に直接ワイヤーを固定する装置を貼り付けて、そこにワイヤーを引っ掛けて歯を移動させていく矯正方法となります。

ワイヤー矯正は色のついた装置を使用するため、審美的な面では優れていませんが歯を大きく移動させることが得意な矯正です。

すきっ歯の場合も、歯を大きく移動させる箇所には歯科医師の判断でワイヤー矯正を併用して治療していく場合もあるでしょう。


インビザライン矯正の長所

・透明なマウスピースを使って治療するので目立ちにくい
・1つのマウスピースで動かす距離が大きくないため違和感や痛みが少ない
・マウスピースの表面がなめらかなのでお口の中を傷つけにくい
・取り外すことができるので、治療中でも食事やお口の中のケアが今まで通りにできる
・通院回数が少なくても治療できる
・金属アレルギーの心配がいらない

 


ワイヤー矯正の長所

・一度装着するとそのまま着けたままなので、装着時間の不足の心配がいらない
・適応できる症例の幅が広い
・歯の移動速度が早い
・歯を大きく移動させることができる


上記のとおり、インビザライン矯正もワイヤー矯正もそれぞれ長所があります。

併用して治療していく例としては、インビザライン矯正をしながら部分的にワイヤー矯正をして治療を進めていく方法や、上の歯だけインビザライン矯正で下の歯はワイヤー矯正で治療を進めていく方法などが挙げられます。

インビザライン矯正とワイヤー矯正の両方を併用して治療していく場合は、単体で治療していくよりもさらなる深い知識と経験が必要になってきますので信頼のできる矯正専門の歯科医師と相談するようにしましょう

当院のインビザライン矯正について

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しており、質の高いインビザライン矯正を提供しております

また、インビザラインだけでなく目立たないワイヤー矯正や、小児矯正にも対応していますので、矯正治療を考えている方はお気軽にご相談ください!

 

<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

 

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しております

家族割りなどお得な制度も用意しておりますので、ぜひご検討してみて下さい

当院では、歯科医師・矯正医師・歯科衛生士が一丸となって歯や歯ぐきの健康を守っていきます

矯正中も歯周病や虫歯にならないように、しっかりとケア、診察させていただきますので安心して通って下さいね!


まとめ


透明なマウスピースを使うので見た目を気にせずに治療のできることが魅力的なインビザライン矯正ですが、大きな隙間のあるすきっ歯の治療は単体では難しい症例があります。

しかし、大きく歯を動かすことが得意で適応できる幅の広いワイヤー矯正を併用していくことで、ワイヤー矯正の期間を最低限に抑えて治療することが可能となります。

また、すきっ歯の原因が生活習慣によるものの場合は治療中はもちろんのこと、治療後ももとの歯並びに戻ってしまわないように歯に悪影響のある生活習慣を改善してお過ごしいただくと良いでしょう。

信頼のできる歯科医師としっかり相談のうえ、インビザライン矯正とワイヤー矯正を併用して行く場合には双方の長所を最大限に活かして理想的な歯並びを目指しましょう。

関連記事インビザライン矯正ができない難しい症例について詳しく解説します