トピックスTOPICS

前歯をインプラントにするとデメリットが多いって本当?

インプラントは歯を失った時の治療法ですが、「前歯のインプラントは難しい」「前歯をインプラントにするとデメリットが多い」と聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

確かに前歯をインプラントにするのは他の場所と比べると少し難しいこともありますが、他の治療法にはないメリットもたくさんあります。

ここでは、前歯を治療するときの考え方や、実際にインプラント治療をする際のメリットとデメリットについて詳しく説明していきます。

 

前歯を失ったときの治療の考え方

前歯は顔の前面に来るため、審美性を避けて考えることはできません。同時に、前歯は食べ物を噛んだりちぎったりするので、耐久性も必要です。

そのようなことを踏まえた上で、前歯を失った時に対応できる治療の種類をご紹介します。

 

差し歯

差し歯は元の歯を大きく削って上から被せものを被せます

差し歯とは、歯を大きく削って上からセラミックを被せる治療法です。

セラミックやジルコニアを使うので、見た目の問題はクリアできます。しかし、強い力が加わると取れやすい・欠けやすいという特徴があります。

また、保険適用の場合は硬質レジンというプラスチックになるため、自分の歯と多少色が違って見えることがあります。

  • ▼メリット
  • ・見た目は他の歯と変わらない
  • ・治療が簡単
  • ・保険がきく
  • ▼デメリット
  • ・強度があまりない
  • ・取れやすい・欠けやすい
  • ・保険診療の場合、見た目があまりよくない

 

部分入れ歯

部分入れ歯は両サイドの歯にフックを掛けて固定します。

部分入れ歯は両隣の歯にフックをかけて固定するしくみです。前歯に設置するとフックが見えてしまうので、あまり現実的ではないといえます。

フックのない部分入れ歯もありますが、噛む力が弱く外れたりする可能性が高いため、やはりあまりおすすめできません。

  • ▼メリット
  • ・治療期間が短い
  • ・保険がきく
  • ▼デメリット
  • ・審美性に劣る
  • ・強度が弱い
  • ・取れやすい・ずれやすい

 

ブリッジ

ブリッジは両サイドの歯を削ってつながった被せものを被せます

ブリッジは両隣の歯を削って、橋のように連なった被せものを被せる治療法です。

部分入れ歯よりは噛む力が高いですが、健康な歯を削って支台にするため歯が弱くなります。

もしも支台にしている歯が虫歯や歯周病などでダメになった場合、ブリッジ自体が使えなくなるし、前歯全体がダメージを受けます。

また、ブリッジの歯と歯茎の間にはものが挟まりやすいため、通常よりお手入れも必要です。

  • ▼メリット
  • ・やや強度がある
  • ・保険がきく
  • ・治療期間が短い
  • ▼デメリット
  • ・両隣の歯を削らなければならない
  • ・両隣の歯が弱くなる
  • ・保険診療の場合、見た目があまりよくない

 

インプラント

インプラントは骨に穴をあけて人工歯根を埋める治療法です。人工歯根の上に人工歯を装着しますが、骨が土台になっているので強度が高く噛む力も自分の歯に比べて劣りません。

  • ▼メリット
  • ・審美性が高い
  • ・噛む力が強い
  • ・耐久性に優れている
  • ▼デメリット
  • ・手術が必要
  • ・骨が足りないと選択できないことがある
  • ・自費診療なので治療費が高くなりがち

 

前歯のインプラントのメリットをもっと詳しく!

前歯をインプラントにするとどんなメリットがあるのか、更に詳しく説明していきます。

 

メリット1.見た目が良い

インプラントの人工歯根はチタンという金属でできていますが、骨に埋めてしまうため見えなくなります。

また、人工歯も主にセラミックが使われますが、セラミックは色が豊富で自分の歯に近い色が出せるので、自然な見た目です。

 

メリット2.他の歯に影響を及ぼさない

インプラントは、ブリッジや部分入れ歯と違って他の歯にダメージを与えません

それどころか、インプラントは虫歯にならないので他の歯の健康を守ることもできます。

 

メリット3.噛む力が強い

インプラントは骨で支えられているため、噛む力がとても強いです。

歯にはそれぞれ場所によって、噛む役割が異なります。前歯で食べ物を最初にちぎって咀嚼しやすい大きさにし、それを奥歯がすりつぶして飲み込みやすくするのです。

前歯の噛む力が弱ければ、肉類なども食いちぎることができませんし、消化もしにくくなります。

 

メリット4.他の歯に噛む負担がかからない

ブリッジや入れ歯と違い、インプラントはそれだけで独立しているので、噛む時に他の歯や顎、歯茎に負担がかかりません

 

メリット5.寿命が長い

インプラントの寿命は10年以上です。

ブリッジや入れ歯は寿命が5年前後と短く、何度も作り直す必要があります。

また、歯茎下がりや歯並びの変化などで口の状態が変われば合わなくなるので、やはり作り直さなければなりません。

その点、インプラントは正しくケアすれば、半永久的に使うことができます。

 

前歯のインプラントのデメリット

前歯のインプラントのデメリットとは?

前歯のインプラントは、他の場所へのインプラント治療とはやや異なります。

どんなデメリットがあるのか、具体的に説明していきますね。

 

デメリット1.前歯の骨は薄い

前歯のは別の場所よりも薄く、痩せやすいといった特徴があります。

もしも骨が足りないときは、骨を増やす治療(骨再生治療)をしてからインプラントをすることになります。

▶インプラントで行う「造骨」とは?どうやって骨を増やすの?

 

デメリット2.歯茎下がりが起きると露出する可能性がある

前歯の骨や歯茎は痩せやすいため、歯茎下がりが起こるとインプラントが透けて見えてしまう可能性があります。

その部分はアバットメントといい、インプラント体と人工歯をつないでいるパーツです。

しかし、ご安心ください。当院のアバットメントには、金属ではなくPEEK樹脂と呼ばれる種類もあります。PEEK樹脂の色は白く、強度と耐久性も大変優れています

金属フリーなので、金属アレルギーの方も安心です。

 

デメリット3.費用が高くなる

前歯のインプラントは場所的に難しく、骨再生治療などをした場合には高額になる可能性があります。

ただし、しっかりと骨や歯茎の厚みや高さがあり、奥歯と同じように治療できる場合は奥歯と同じ費用で行うことができます。

 

前歯をインプラントにするときの費用

インプラントの費用相場は30万円〜ですが、骨や歯茎を再生する治療をする場合にはプラスアルファの金額となります。

▶当院のインプラント治療費の詳細

 

結論。前歯の治療にはインプラントがおすすめ

前歯は顔の印象を変えてしまうほど、見た目に影響を与えやすい部分です。なるべく以前と同じような見た目をキープしたいものですね。

インプラントは自然な見た目と耐久性に優れた治療法です。寿命も長く、一生使えます。

手術や治療費がネックとなって選択肢から外す方もいらっしゃいますが、長い目で見ればほんの一時のことです。前歯を失ったときの治療法として、インプラントを捨ててしまうのはあまりにもったいないと思います。

もし、分からないことやご不明点があれば、お気軽にお聞きください。

◆この記事のまとめ
1. 差し歯は欠けやすい・取れやすい
2. 入れ歯やブリッジは他の歯にダメージを与え、見た目もクリアしにくい
3. インプラントはしっかり固定されるので噛む力が強い
4. インプラントは見た目が自然
5. 前歯の骨や歯茎は痩せやすいので、他の治療が必要になることも