トピックスTOPICS

インプラントでセカンドオピニオンを受ける時の探し方

インプラント治療を受ける時に不安がある場合、セカンドオピニオンを受けるという方法があります。

セカンドオピニオンとは、主治医以外のその専門分野の医師から意見を聞くことです。

別の医師から主治医の治療方針に対する意見や、症状や治療に対しての見解を聞くことができます。

インプラント治療は高額な上に、高度な治療法が必要です。そのため医師によって治療方針や見解が異なることがあります。セカンドオピニオンを受ければ、一つの意見だけでなく別の意見を聞くことができ、十分に納得して治療を受けることができます。

 

セカンドオピニオンが必要な場合とは?

セカンドオピニオンは時間やお金を費やして受けるものです。ですので、ただ漠然と受けるのはもったいないでしょう。

セカンドオピニオンは、以下のような時に必要になります。

 

主治医に相談しても不安が拭いきれない時

インプラント治療をする際は、骨の状態や量、インプラントを入れる角度や長さ・太さ、全身の健康状態がインプラントを入れられるかどうかまで詳しく判断しなければなりません。

クリニックや病院によって導入されている機器にも違いがあり、Aクリニックではできないと判断された場合でも、Bクリニックではできる場合があります。また、CT検査なしでインプラント治療が進められる場合は注意が必要です。

もしも不安や疑問点が生じた時は、まず主治医に相談してみましょう。それでも不安や疑問が拭いきれない場合は、セカンドオピニオンを検討します。

  • セカンドオピニオンが必要になる時
  • ・CT機器での検査がない
  • ・納得のいく回答が得られない
  • ・他の医師の意見も聞いてみたい
  • ・全身疾患を理由に断られた
  • ・骨量の不足を理由に断られた

 

より安心して治療を受けたい時

インプラントは外科手術を伴う治療であり、今後長年に渡ってつきあっていくものです。できれば心から安心・納得して治療を受けたいものですね。しかし、主治医から治療方針を聞いた段階では、患者様はその治療方針しか情報がありません。セカンドオピニオンは、主治医の治療方針を別の医師からも意見してもらうことで、それが適切で最善な方法かどうかを確かめることができます。

 

セカンドオピニオンの探し方

セカンドオピニオンってどうやって探したらいいの?

セカンドオピニオンを受けようと検討する際、どうやって探したらいいかというのも問題です。

やみくもに探しても、時間と労力を使ってしまうだけですので、探し方のコツがいるでしょう。

セカンドオピニオンを探すには、以下の2つの方法があります。

  • ・主治医に紹介してもらう
  • ・自分で探す

 

セカンドオピニオンを紹介してもらう時の流れ

主治医に紹介して貰う場合、まずはセカンドオピニオンを希望していることを伝えます。紹介してほしい旨を伝えれば、主治医とつながりのある医師を紹介してくれるはずです。

セカンドオピニオンが決まったら、主治医は検査資料や情報を提供しなければなりません。資料一式を揃えてもらったものを、セカンドオピニオン先に持参します。

また、セカンドオピニオンを受け終わったら、主治医に報告をします。そのうえで、自分の考えの変化などを伝え、当初の治療方針で進めるか、別のクリニックに移転するかの相談をするという流れです。

 

セカンドオピニオンを自分で探す時の流れ

セカンドオピニオンを自分で探す場合には、その旨を主治医に伝え、用意してもらった資料一式をセカンドオピニオン先に持参します。その後の流れは、紹介してもらうパターンと同じです。

自分で探す場合は以下のポイントを押さえましょう。

  • ・セカンドオピニオンを受け付けているか
  • ・CT機器を導入しているか
  • ・実績や経験が豊富かどうか
  • ・インプラント専門医がいるかどうか

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

▶インプラントはセカンドオピニオンを賢く利用するのがおすすめ!

セカンドオピニオンのほとんどが有料

インプラントは自費診療なので、セカンドオピニオンも料金はそれぞれです

セカンドオピニオンのほとんどは有料と考えて良いでしょう。中には相談のみ無料で受け付けているところもありますが、多くの場合検査が必要となるので、初診料などんらかの費用が発生します。

料金はそのクリニックの設定や検査内容などによって異なります。インプラント治療は自由診療だからで、セカンドオピニオンもこれに準じます。

インプラント治療は、クリニックによって治療内容や保証内容、さらには料金も異なります。できれば、セカンドオピニオンを受ける際に、治療の意見だけでなく、保証内容や料金も確かめておくのがおすすめです。

ただし、料金のみで決めてしまうと後でトラブルのもとになる可能性が高いため、十分に検討しましょう。

セカンドオピニオンを主治医に伝えるのは気が引ける?

セカンドオピニオンは医療従事者にとって当たり前のこと

「主治医から診断してもらった内容を、別の医師にも聞いてみるなんて気が引ける」という方もいらっしゃるでしょう。診断内容に不安があることを伝えるのは、誰でも抵抗がありますね。

しかし、セカンドオピニオンは高度な技術が必要な治療ほど浸透しており、歯科でも当たり前になっています。

歯科医師を含め医療従事者は、セカンドオピニオンは患者様が安心して治療を受けられるためのものと理解しています。

主治医側にしても、患者様が内心不安や疑問を抱えたまま治療を受けるのでは、今後の治療進行にもかかわると思っています。

もしも治療途中で不安が増大すれば、通院がおろそかになったりすることもあるかもしれません。インプラント治療は3〜6ヶ月と長期間の治療になります。インプラントと骨が固定する期間の過ごし方治療経過の連絡が必要になることもあり、信頼関係が何よりも重要になるのです。

セカンドオピニオンを利用して別の医師に意見を聞き、主治医の診断が妥当だと分かれば、安心して最後まで委ねられますね。

 

セカンドオピニオンを受けるための準備を忘れずに!

セカンドオピニオンを受けるには、事前に聞きたいことを整理しておく必要があります。

ただなんとなく不安だからと受けても、違う意見が出た時により不安が増大してしまうだけです。

聞きたいことを整理してメモなどを持参し、分からないことがあれば分かるまで説明を求めましょう。

 

インプラントはセカンドオピニオンで確実な治療を受けよう

インプラントはクリニックによって治療方針や設備などが異なるため、セカンドオピニオンは非常に重要です。

他の医師に意見を求めることは、悪いことではありません。むしろ、主治医の判断に納得でき、心置きなく治療を受けることができます。

インプラント治療は治療後も定期メンテンスの通院が必要となるため、後々まで影響があります。納得した上で治療をスタートさせることが、何より大切です。

◆この記事のまとめ
1. セカンドオピニオンが必要になるのは、不安が拭いきれない時
2. CT機器での検査がない、全身疾患や骨量不足で断られた時も
3. セカンドオピニオンは主治医の診断の妥当性を証明できる
4. 主治医に紹介してもらうパターンと自分で探すパターンがある
5. セカンドオピニオンは資料提供が必要