トピックスTOPICS

インビザライン矯正のマウスピース正しいお手入れ方法について

こんにちは田口歯科医院です

インビザライン矯正使用するマウスピースが変色してきたり、匂いがキツくなっているなんてことはありませんか?

マウスピースは正しくお手入れしないと、破損や雑菌が繁殖してしまう原因にもなります。

今回は、マウスピースの正しいお手入れ方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!



インビザラインのマウスピースお手入れ方法

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使用した矯正になり、マウスピースを1日20時間以上はめ続けて歯を移動させていきます。

インビザライン矯正では決まった期間で次のステップのマウスピースへ交換していきますので、ひとつのマウスピースを長期間使うことはありません。

しかしながら、はめている時間が長いので出来るだけ清潔に保っていただくと良いでしょう。

日々のマウスピースのお手入れ方法

インビザライン矯正中はほとんどの時間マウスピースをはめている状態ですが、食事をするときと歯磨きをするとき等には取り外すことができます。

マウスピースを取り外したときには唾液がついたまま保管しないようにし、正しいお手入れをするようにしましょう。

ここからはお手入れ方法についてお話ししていきます

・マウスピースを取り外したときにするお手入れ

日々のマウスピースお手入れ方法としては、水洗いしながら指先で優しく汚れをこすり落とすのみで大丈夫です。

お湯を使って洗うとマウスピースの変形の原因となってしまいます。

ですので、水洗いする際にはお湯を使用しないようにご注意くださいね

・取り外したとき毎回洗わないといけないの?

外食のとき等すぐには洗えないこともあるかもしれません。

しかし、出来るだけ早めに水洗いするようにしましょう。

なぜなら、唾液がついたままの状態ですと汚れで変色したり臭いの原因になってしまうからです。

・マウスピース洗浄後そのまま保管してもいい?

マウスピースはほとんどの時間はめておくので長時間外していることもあまりないかと思いますが、洗った後は乾かしてからケースにしまうようにしましょう。

濡れたままの状態でケースに入れてしまっておくと雑菌が増えてしまいます

 

洗浄剤を使用したマウスピースのお手入れ

          

日々のお手入れは水洗いで大丈夫ですが、目に見えない汚れを落とすために市販の洗浄剤を使用する方法もあります。

浸けておくだけで汚れが落ちて除菌もできますので、オススメのお手入れ方法です。

 

・洗浄剤の種類はどんなものがあるの?

洗浄剤は入れ歯用、矯正用リテーナー用、マウスピース用、マウスガード用としてドラッグストアなどで販売しています。

マウスピースの洗浄剤は大きく分けて2種類の洗浄方法があります。「つけ置きタイプ」と「泡タイプ」です。

・つけ置きタイプと泡タイプの違いとは?

つけ置きタイプは錠剤と一緒に水を入れてそこへマウスピースを入れて洗浄します。つけ置きタイプは5分程度つけておく必要があるので自宅でおこなうのが良いでしょう。

泡タイプはボトルに入っている泡の洗浄剤をかけて1分程度で終わるので、お手軽に使用することができます。ボトルは持ち運びに便利な手軽なサイズがありますので、外出先でも使いやすいでしょう。

・マウスピースの洗浄剤を使う頻度

マウスピースに洗浄剤を使う頻度は週に一度程度が良いでしょう。

つけ置きタイプを使用するときは長時間浸けたままですと、マウスピースが劣化する原因になる可能性があります。

ですので、規定の時間で取り出すようにしてください。

マウスピースのにおいが気になったら?

 

取り外すたびにしっかりと水洗いしていても、マウスピースのにおいが気になることもあるかと思います。

そんなときにも洗浄剤を使用すると良いでしょう。洗浄剤は微細な汚れも落としてくれるものです。

ミントなどの爽やかな香りがするものもありますので、スッキリ汚れを落としてくれます。

 

洗浄剤以外でマウスピースの汚れを落とせるものは?

洗浄剤は浸けておくだけで簡単にキレイにできるものということをお伝えしました。洗浄剤以外でオススメできるのは「超音波洗浄機」です。

超音波洗浄機は水とマウスピースを入れてスイッチを押すだけでキレイにできる優れものです。

水以外では専用の洗浄液を入れて、超音波+洗浄液のダブルの力で洗浄する方法もあります。

入れ歯やマウスピースに使うお手頃サイズのものも販売しています。

 

マウスピースのお手入れで使用して良いものと良くないもの

インビザライン トラブル

マウスピースのお手入れ方法として水洗いと洗浄剤、そして超音波洗浄機を使ったものをお伝えしました。

普段お口の中のケアとして使用しているもので、使用して良いものと良くないものをご紹介します。大切なマウスピースを守るためにも是非チェックしてみてくださいね。

 

歯ブラシは使用してもOK!

マウスピースは歯よりも柔らかい素材でできているため、マウスピースを歯ブラシで洗うことも可能です。

毛先が細いものであれば、マウスピースの細かい部分も磨くことができるのでおすすめです。

普段患者さまがお口の中のケアで使用している歯ブラシがかなり柔らかいものでしたら、マウスピースにも使用することができます。

歯磨き粉はNG!

歯磨き粉は研磨剤が入っているものが多いので、できれば使用しないほうが良いでしょう。

しかし、どうしても歯磨き粉を使用して磨きたい場合には研磨剤が入っていないジェルタイプのものを使うようにしてください。研磨剤が入っているものを使用すると、マウスピースの表面に細かい傷を作ってしまいます。

目に見えない細かい傷でもそこへ雑菌が入り込んでにおいや汚れの原因になりますので、研磨剤が入っているかどうか必ず確認してから使用するようにしましょう。

中性洗剤も水に薄めればOK!

どうしても水だけで洗うのは汚れが気になるという方は食器用洗剤などの中性洗剤などを水に薄めて使ってみて下さい。

マウスピースの色が変色してきた!

           インビザライン マウスピース お手入れ

その原因は?インビザライン矯正のマウスピースの色はもともと透明です。

しかし、様々な原因によって変色してマウスピースが目立ってきてしまうことがあります。変色の原因の多くは、色の濃い飲み物を飲むことやタバコを吸うことです。

インビザライン矯正中に色の濃い飲み物は飲んではいけないの?

コーヒー・紅茶・赤ワインといった色の濃い飲み物を飲みたいこともあるでしょう。インビザライン矯正をしているあいだ絶対に飲んではいけないわけではありません。

しかし、歯に色がつきやすいものはマウスピースにも色がつきやすいので、嗜好品として楽しむ程度にすることがオススメです。

また、お水以外の飲み物は着色や虫歯、歯周病の予防のためになるべくマウスピースを取り外してから飲むようにするといいでしょう。

マウスピースを着けたままタバコを吸ってもいいの?

インビザライン マウスピース お手入れ

タバコは飲食ではないのでそのまま吸っても大丈夫かと思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、タバコはマウスピースを取り外してから吸うようにして下さい。マウスピースをはめたままタバコを吸うと、ニコチンなどが着いて変色してしまうといった悪影響があります。

マウスピースを守るためにも、マウスピースを着けたままの状態でタバコを吸うのはやめましょう。

また、タバコを吸うと歯ぐきの代謝が落ちていきます。歯ぐきの代謝が悪いと歯が思い通りに移動しない原因にも繋がりますので歯科矯正を考えているのであれば喫煙をおすすめします。




当院のインビザライン矯正について

田口歯科医院 インビザライン

当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しております

矯正中に起こりやすいトラブルにもすぐに対応できますし、正確な治療計画を立てることを心がけておりますので安心して矯正治療が始められます

また費用の面でも、出来るだけ余計な費用を抑えた価格設定になっており、無利子での院内分割支払いにも対応しております

矯正治療を始めるにあたり、費用やお痛み期間など不安なことはしっかりとご相談にのりますのでお気軽にご連絡下さいね

<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円

 

*インビザライン矯正では、場合によってワイヤー矯正の併用が必要になるケースもあります。

まとめ

インビザライン矯正は透明なマウスピースを使うので、目立つことなく治療を進めることができます。

しかし、せっかく透明のマウスピースでも着色してしまうと少し目立ってしまうかもしれません。そういった事態を避けるためにも、マウスピースのお手入れは必ずおこなうようにしましょう。

マウスピースは日々の水洗いの他にも、においが気になったときもしくは定期的に洗浄剤に入れてお手入れすると着色もにおいもつきにくくなります。

キレイなマウスピースで理想的な歯並びを目指しましょうね!




こちらの記事もおすすめ:インビザラインのマウスピースが臭い!?その原因と対処法