トピックスTOPICS

インビザライン矯正の治療の流れについて【詳しく解説】


こんにちは田口歯科医院です

患者様専用のマウスピースを装着することで歯を動かしていく矯正方法のインビザライン矯正。

患者様の中にはなんとなく「マウスピースを装着していく治療…」ぐらいの知識しかない方も多いかと思います。

今回はインビザライン矯正を始める前から治療終了後までの一連の流れを詳しく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください

当院のインビザライン矯正の費用などもご紹介していますので、最後まで読んでみてください



 

インビザライン矯正の治療の流れ

STEP1 無料相談

   

インビザライン矯正を始めようか迷っている方でも、これから始めようという方でもまずはこの無料相談でご相談させていただきます

ここでは、軽くお口の中を拝見させていただき、ざっくりですがどんな治療の流れになるのか、インビザライン矯正の基本的な情報などをお話ししていきます。

精密検査をするまでは確定ではありませんが、抜歯が必要かどうかなどもご相談に乗ります

インビザライン矯正で不安なことや知りたいことがあればここでなんでも質問してくださいね!


STEP2 精密検査

   

インビザライン矯正を始めると決めた後に、行うことが「精密検査」です。

精密検査ではインビザライン矯正に必要な情報を集めていきます。ここでは、お口全体のレントゲン写真や、セファロと呼ばれる歯科矯正には必須のレントゲン(側方頭部X線規格写真)を撮影したり、歯形の採取などをしていきます。

口腔内写真や、患者様の今のお口の状態などを撮影することもあります。この検査の結果を元に矯正の医師が治療計画を立てていきます。

 

STEP3 クリンチェック

   インビザライン クリンチェック


クリンチェックとは、米国アライン社による特有のソフトのことを言います。

精密検査で集めた検査結果を担当歯科医師がアメリカのアライナーテクノロジー本社に送り、クリンチェックという3Dシミュレーションソフトを通じて、治療開始から終了までの歯の動きを確認します。

アライナーを作製するときに光学スキャンで歯型を採取しますが、このときに得た口腔内のデータや治療計画を立てます。

その後治療完了までのマウスピースを作成し、当院に送っていただきます。

 

STEP4 インビザライン治療の開始

   矯正 インビザライン


完成したマウスピース(アライナー)が医院に到着したら、インビザライン矯正の治療が本格的にスタートしていきます

患者様に歯科医院にきていただき、マウスピースをお渡しすると一緒に、着脱の仕方、メンテナンスの方法や、注意点についてお話ししていきます。

インビザライン矯正が始まるとまず最初に感じるのが多少の痛みと違和感だと思います。しかし、1週間もすれば慣れて感じなくなってきますので、頑張りましょう!

アライナーは基本的に、1枚を2週間ずつ使用していき、2週間使用後、ご自身で次のアライナーに付け替えていただきます。

 

STEP5 アタッチメント装着

   インビザライン 矯正 痛み


患者様の状態にもよりますが、3枚目のアライナーから「アタッチメント」と呼ばれるものをを装着します。

アタッチメントとは 、歯の表面に樹脂の突起をつける処置になります。アタッチメントをつけることで、効率的に歯に力をかけることができ計画通りに歯を動かしていきます。

小さな突起で、色も歯に近い色を使用するため目立ちにくいです。治療終了時に外すので安心してください

また、この時に治療計画で必要な場合、歯と歯の間をわずかに削るディスキング(IPR)を行うこともあります。

関連記事:インビザライン矯正「アタッチメント」とは?

 

STEP6 定期チェック

   インビザライン 顎間ゴム


インビザライン矯正が始まったら、 1ヶ月〜3ヶ月に1度来院していただき歯の動きのチェックを行います。

この定期チェックでは、「インビザラインと歯の適合状態」や「アタッチメントが外れていないか」、「インビザラインの装着時間は十分か」「口腔内の衛生状態」などを確認していきます。

もし、初期の虫歯などがあれば早い段階で治療していきます。定期チェックはとても重要な工程ですので、忘れずしっかり来院してくださいね!

 

STEP7 治療終了&保定期間

   マウスピースで歯列を矯正

インビザライン矯正の全てのマウスピース(アライナー)による治療が終了したら、「保定期間」に入ります。保定期間は綺麗に並べた歯を固定してキープする重要な工程です。

ここでは、保定装置と呼ばれる別のマウスピースを装着したり、細いワイヤーを歯の裏側につけたりします。

保定期間をしっかりと取らないと、歯が後戻りを起こし噛み合わせが崩れてしまう、見栄えが悪くなってしまうなどの問題が出てきますので注意してください。

 

インビザライン矯正の流れは変更することも

  

インビザライン矯正の流れをお話ししていきましたが、場合によっては流れが変わることもあります。

インビザラインだけでは歯を並べるのが難しい場合は、インビザライン矯正をする前にワイヤー矯正を行う必要があったり、全てのマウスピースが終了しても治療が十分でない場合は追加のアライナーが入ることもあります。

また、インビザライン矯正中に虫歯ができてしまい治療の結果歯の形が変わってしまったらマウスピースを再作成しなくては行けなくなります。

患者様の都合でマウスピースの装着が十分ではなく歯が後戻りを起こしてしまった場合は、再度歯の型取りや検査を行い治療のやり直しになってしまうことも。

これは、患者様の努力で防ぐことができますので、しっかりと時間を守って治療を進めていきましょう。

 関連記事:インビザライン矯正はやり直しになることがあるの?

 

抜歯はどのタイミングで行う?

  インビザライン矯正 抜歯 タイミング

インビザライン矯正を行うに当たって、どうしても抜歯が必要なケースもあります。

抜歯を行うタイミングとしては、治療の前がほとんどで、場合によっては治療が始まってから行うことがあります。

無料相談や精密検査の際に抜歯が必要であると矯正医師から言われた場合は、インビザライン矯正が本格的に始まる前に抜歯を済ませておく必要があります。

下の親知らずなどは抜歯後大きく腫れる場合もありますので、しっかりとご自身の予定を立てて計画的に行いましょう。


関連記事:インビザライン矯正で「抜歯」をするタイミングは?

 

インビザライン矯正が完了する一般的な期間は?

  インビザライン リファインメント

インビザライン矯正が終了となる期間は人によってさまざまですが、一般的に2年から3年ほどかかります。

軽度の不正咬合(問題のある歯並び)の場合は、もう少し早く終了することもありますが、基本的に最低2年はかかると覚えておきましょう。

インビザライン治療の流れでも説明したように、インビザライン矯正では最初にマウスピースで歯を動かし、綺麗に並んだ後保定期間に入ります。

マウスピースで歯を動かす期間が1年半〜2年ほど、保定期間には最低でも一年以上はかかります。

保定期間に入れば、寝る時のマウスピースや歯の裏側に細いワイヤーを固定するだけなので見た目にはわかりません。

どんな矯正治療でも歯を動かすというのは、骨やお口に大きな負担がかかります。じっくりと時間をかけて安全に行う必要があるのです。

綺麗な歯並びを想像しながらコツコツ頑張っていきましょうね!



当院のインビザライン矯正について

田口歯科医院 インビザライン


当院のインビザライン矯正は、国内の歯科医師の中でも約3%しかいない日本歯科矯正学会の「認定医」が担当しております

経験豊富な認定医が、患者様に合った治療方法を計画してくれオーダーメイドの矯正治療を行っていますので、矯正について気になることがあればまずは矯正の無料相談にきてみて下さい


<当院のインビザライン費用>

初診料・相談料 0円
インビザライン1(前歯のみ、治療後の後戻り) 200,000円〜
インビザライン2(1より歯並びが悪い場合) 400,000円〜
インビザライン3(上下顎の全体) 700,000円〜
管理料(調整量) 5000円
保定装置料 矯正費用に含まれています(0円)
精密検査料(検査診断料) 30,000円


また、当院では矯正の治療費が無金利の分割で支払いできる「分割払い」にも対応しています

こちらは医療ローンなどとは違い、審査も金利も無いので、余計な費用が掛からず負担なく矯正治療を始めることができますよ

他にも、矯正治療を受けられている患者さまのご家族が矯正治療を始める場合、基本料を割引するなどの家族割引制度も用意してあるのでお気軽にご相談下さいね

当院ではインビザライン矯正をする全ての患者様に、ワイヤー矯正を併用する可能性があるということをご説明しています。場合によってはワイヤーを使わないといけないこともありますが、目立ちにくいものを使っていますので安心してくださいね

インビザライン矯正の治療の流れで不安なことがあればなんでも相談してください

 

まとめ

インビザライン矯正では、無料相談→精密検査→インビザライン矯正スタート→定期チェック→保定期間といった流れで治療が進んでいきます。状況によっては、治療の流れが変更になることもあります。

インビザライン治療をスムーズに終了させるためにも、患者様にしっかりと管理していただく必要があります。めんどくさいとは思いますが美しい歯並びのためにもしっかり頑張りましょうね!

治療の流れの中で疑問や不安なことがあれば、いつでも相談に乗りますのでお気軽にお声かけください