トピックスTOPICS

50代からの女性にインプラントがおすすめな理由とは?

50代となると、身体の様々な場所に変化が生じてきますね。歯に関してもそのひとつ。歯がグラつく、歯が抜けている箇所があるので口を開けるのが恥ずかしいなど、様々なお悩みがあります。

ここでは、なぜ50代の女性にインプラントをおすすめしたいのかをご紹介します。ぜひ、検討材料としてお使いください。

 

50代の口内の変化

ほとんどの方は50代前後に閉経を迎えられます。この時期には更年期の症状に悩まされる方も多いと思いますが、口内にも色々な変化が出てきます。

  • ・骨粗鬆症
  • ・歯周病の悪化
  • ・ドライマウス
  • ・口内炎の頻発

 

閉経はホルモンバランスに大きく関係していて、口内の環境が変わるため、上記のようなトラブルが起こりやすくなります。特に、歯周病がひどくなり抜歯をする人が多いのも50代前後からです。

 

骨組織が弱くなる骨粗鬆症

女性ホルモンは2種類のホルモンがバランスをとって分泌されていますが、このうちエストロゲンというホルモンは骨密度の低下を抑えてくれる役割があります。

しかし、閉経によってエストロゲンの分泌が少なくなると、全身の骨密度も低下してしまうのです。

歯は骨(歯槽骨)によって支えられていますが、骨粗鬆症になると歯槽骨がもろくなってきます。

 

歯周病の悪化で抜歯

口内のホルモンバランスが乱れると、唾液の分泌も減ってきます。唾液には細菌を抑制する働きがあるので、唾液が少なくなると歯周病の原因菌が活発になり、歯肉炎歯周病がある方は症状が悪化しやすくなります。

炎症が進んで歯周病が悪化すると、歯の周辺組織や骨が溶かされて歯が抜け落ちてしまいます。50代を過ぎると歯を失う人が多くなるのはこのためです。

 

歯を失ったら入れ歯、ブリッジ、インプラントどれを選ぶべき?

歯を失った際の治療法としては、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントが代表的です。

経済的な面で考えると部分入れ歯やブリッジにする方が多いですが、私はインプラントをおすすめしています。

その理由を、それぞれのメリット・デメリットを挙げながら説明していきますね。

 

入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリット・デメリット

  部分入れ歯 ブリッジ インプラント
費用 保険適用で可能 保険適用で可能 保険が適用されないので高額になりがち
治療期間 短期間 短期間 長期間
寿命 短い 短い 長い
噛む力 弱い やや弱い 強い(天然歯と同等)
違和感 起こりやすい やや起こりやすい ない

 

上記の表で注目していただきたいのは寿命です。遅かれ早かれ部分入れ歯やブリッジがダメになると、そのままにはしておけないので総入れ歯というルートに進みがちです。

しかし、インプラントならメンテナンスさえしっかりと行えば、半永久的に使い続けることができ、他の歯の健康も守れます。それでは、それぞれを詳しくみていきましょう。

 

部分入れ歯のメリット・デメリット

部分入れ歯のメリットは、保険がきくということです。価格が安く治療期間も比較的短いことから、選択する方は多いです。

ただ、部分入れ歯は他の歯にフックをかけて支えにします。もしも支えとなる歯が歯周病などにかかった場合、その歯を含めた治療歯もダメになってしまうというリスクがあります。

見た目を気にされてセラミックの部分入れ歯にする方も多いですが、その場合保険は適用されませんので、けっこう高額になります。そのうえで寿命がきてしまったら再治療となり、かかる費用は結果的に高額にならざるを得ません。

また、部分入れ歯は合わなければ違和感や痛みを生じ、噛む力も弱いので食べるものを選ばなくてはならないというデメリットもあります。

 

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリットも、部分入れ歯と同様に保険が適用するので経済的な負担が少ないという面です。

ただし、デメリットとしては、他の歯に橋を渡して被せものにするという構造上、健康な歯を2本削らなければなりません。ブリッジを敬遠する方の多くは、健康な歯を削りたくないという理由です。

ブリッジの寿命も長くはなく、ブリッジがダメになった場合は削って支えにしていた歯も、虫歯や歯周病のリスクに晒されることになります。もしも虫歯や歯周病になった場合は、完全に抜けるのを待ってから、または抜歯をして総入れ歯にするという選択をとりがちです。

 

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットは、直接骨に埋めるため他の歯を支えにしないということです。寿命も長いので、一度埋め込んでしまえば半永久的に使えます。

デメリットとしては、初期費用が高額ということと、手術が必要だということです。ただ、手術はごく小規模なため、思ったよりもなんてことなかったという感想を抱く人が多いようです。

また、インプラントを長持ちさせるためには、日頃のセルフケア定期的なメンテナンスが必要です。セルフケアは歯磨き程度で良いですが、定期メンテナンスは数ヶ月に一度通い、専門的な洗浄と細菌チェックなどを行います。

 

インプラントは骨粗鬆症でも可能

ここまで読んで、「長い目で見るとインプラントがいいかも」と思われた方も多いでしょう。その一方で「骨粗鬆症になったら治療が受けられないのでは?」と懸念される方もいらっしゃると思います。

結論から申しますと、骨粗鬆症でもインプラントを行うことは可能です。ただ、治療を受ける際には、以下のことに注意しましょう。

 

骨造成をしている歯科医院を選ぶ

若い頃に比べて骨が減り始める50代は、骨造成や骨再生といった治療ができる歯科医院を選びましょう。

もしも事前検査で骨量が少ないと分かった場合でも、適切な提案をしてくれます。

 

持病や服用薬がある場合は事前に申告する

持病や服用薬がある場合、リスクを回避するために内科の担当医と連携をとってインプラント治療を進めます。

▶インプラントができない?難しい症例7つと対応できるケース

 

歯周病がある場合には先に治療を済ませる

口内に歯周病があるのにインプラント治療を行うと、せっかく入れたインプラントがダメになってしまいます。歯周病がある方は、先に治療を行って改善してから、インプラント治療を受けましょう。

▶インプラントでかかる歯周病「インプラント周囲炎」とは?

 

50代の女性はインプラントがおすすめ

部分入れ歯やブリッジも悪い治療法ではありませんが、生涯もたせられる確率は一般的に低いです。使い心地もインプラントに比べると劣りますし、健康な歯にもダメージを与えてしまいます。

長い目で見ると、結局はインプラントに落ち着くという方が多いです。初期費用はかかりますが、分割払いなどの方法もありますので負担を抑えることができるでしょう。

◆この記事のまとめ
1. 50代はホルモンバランスの乱れから歯を失いやすい
2.歯を失ったら部分入れ歯、ブリッジ、インプラントの選択肢がある
3.部分入れ歯・ブリッジは経済的だが寿命が短い
4.部分入れ歯・ブリッジは健康な歯にダメージを与える構造
5.部分入れ歯・ブリッジがダメになったら一般的には総入れ歯
6.インプラントは高額だが半永久的に使え、使い心地も快適
7.インプラントを検討する際は、骨造成できる歯科医院を選ぶ
8.インプラント治療前に歯周病の治療をしておく