トピックスTOPICS

はちみつで虫歯予防できるならインプラント周囲炎も予防できる?

はちみつで虫歯予防や歯周病予防ができるという話をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

インプラントを利用している方は、「それならインプラント周囲炎の予防もできるのでは?」と考えるかと思います。

インプラント周囲炎の原因菌は歯周病と同じ。もしもはちみつで歯周病が予防できるなら、インプラント周囲炎にだって効くのではと思うのが人情ですね。

そこで今回は、はちみつがインプラント周囲炎の予防にも効果があるかどうかについて、科学的根拠を交えながら詳しくお伝えしていきます。

 

はちみつが虫歯や歯周病を予防できる理由

まずは、はちみつが虫歯や歯周病予防に効果があるとされる理由から説明していきます。

 

はちみつの糖分は砂糖と異なる

一般的に甘いものや糖分は、虫歯や歯周病の原因と言われています。ただし、糖分にも色々な種類があり、糖分の種類によって虫歯になりやすいものとそうでないものに分けられるのです。

  • ・ショ糖(主に砂糖や花の蜜に含まれる)
  • ・果糖(水溶性で、果物やはちみつ、根菜類に含まれる)
  • ・ブドウ糖(自然界にもっとも多い糖分で、脳の栄養源となる)

 

虫歯になりやすいのは主にショ糖です。虫歯の原因となるミュータンス菌は、ショ糖をエサにして不溶性グルカンというネバネバ物質を出して歯垢を作り出します。

果糖はショ糖よりも甘みが強いのですが、水溶性ですぐに水分に溶けてしまいます

ブドウ糖は色々な食物に含まれていますが、脳のエネルギー源になるほか血糖値を左右する、なくてはならない栄養分です。そして、ブドウ糖も水溶性です。

お気づきと思いますが、不溶性グルカンの材料になるのはショ糖のみ。そのため、果糖やブドウ糖は虫歯が作られにくいのです。

はちみつに主に含まれるのは、果糖とブドウ糖です。花の蜜の段階ではショ糖が含まれていますが、ミツバチの持つ酵素の働きによって、ブドウ糖と果糖に分解されます。

 

はちみつには殺菌成分が含まれている

はちみつにはオキシドールという殺菌成分が含まれています。オキシドールというと保健室や病院を思い出す人もいるのではないでしょうか。そうです、オキシドールとは傷などの消毒に使う消毒薬のこと。

甘ーいはちみつとはあまり結びつかないかもしれませんが、はちみつにはブドウ糖由来のオキシドール(過酸化水素)が含まれていて、その殺菌力は消毒薬と同等です。はちみつの殺菌作用は昔から知られており、世界各地で傷の治癒などに使われてきました。

 

はちみつには善玉菌を増やす成分が含まれている

はちみつには善玉菌を増やすオリゴ糖やグルコン酸も含まれています。少し前に、虫歯や歯周病予防にはヨーグルトの乳酸菌が良いと話題になりましたね。

口内は実は腸内環境とよく似ていて、口の中にも善玉菌と悪玉菌が存在します。そして、善玉菌を増やせば、虫歯や歯周病の予防になることが科学的に証明されています。

はちみつで歯やインプラントを磨くことは奨励しませんが、紅茶やコーヒー、料理に入れる砂糖の代わりにはちみつを使えば、自然と口内の善玉菌が増えて虫歯や歯周病の細菌を抑制できるでしょう。

 

はちみつには免疫力アップの効果が期待できる

インプラント周囲炎は、口内の免疫力にも大きく関わっています。唾液には免疫物質が含まれていますが、身体の免疫力の低下や唾液量が少なくなると口内の免疫力も低下してしまうのです。

はちみつには口内の善玉菌を増やす働きがあるとお伝えしましたが、口内環境や腸内環境がよくなれば、免疫力もアップして歯周病やインプラント周囲炎にもかかりにくくなると考えられます。

 

はちみつが虫歯や歯周病予防になる科学的根拠

「なんとなくはちみつが歯にいいことは分かったけど、科学的根拠がなければ信じられない」という方もいるでしょう。そこで、はちみつと歯の病気に関する2つの研究をご紹介します。

 

1.はちみつが歯石予防効果を示した実験

日本の福岡医療短期大学歯科衛生学科の日高三郎教授と山田養蜂場が共同で行った研究によると、はちみつに含まれる抗菌物質には歯石の形成を予防する効果があることが分かりました。

市販されている20種類のはちみつを使って人工的に歯石形成の状況を作って調べたところ、ペパーミントやコーヒーを筆頭にローズマリーやユーカリ、ラズベリー、レンゲ、百花など10種類ものはちみつが効果を示したとのことです(Journal of Periodontal Research 2008; 43: 450-458)。

この報告により、はちみつの殺菌効果や細菌抑制効果が科学的に証明されました。

 

2.マヌカハニーが歯周病菌を抑制することを証明する研究

マヌカハニーは、1980年代後半にニュージーランド国立ワイカト大学生科学研究所で行われたマヌカハニーと抗腫瘍活性や歯周病治癒効果についての研究で注目を浴びます。その後、ドイツのドレスデンでマヌカハニーの抗菌作用について研究が行われ、最近では2017年に、マヌカハニーは口腔内の細菌抑制に効果があり、特に歯周ポケットの歯周病菌に対して強い効果があることが分かりました(Syarida H et al. 2017)。

また、日本では株式会社シクロケムと鶴見大学共同研究で、種々のはちみつと比べてマヌカハニーのほうが歯周病の原因菌に対して抗菌作用が高いことを明らかにしています。

 

インプラント周囲炎予防におすすめのはちみつ

はちみつと一口に言っても、市販のはちみつにはいくつかのタイプがあります。どのようなはちみつがインプラント歯周炎の予防に効果的なのか、ご紹介します。

 

非加熱の天然はちみつ

現在、日本で販売されている90%以上のはちみつは、加熱されているものだそうです。そのうち、ただの「はちみつ」として販売しているものは、水飴や添加物が加えられています。それなら「純粋はちみつ」ならいいのでは?と思いますが、純粋はちみつと銘打っていても、加熱されているものが多いとのこと。しかし、はちみつは加熱すると酵素などが死滅してしまい、せっかくの栄養や殺菌成分の恩寵を受けられなくなってしまいます

これに対して「天然はちみつ」と表示のあるものは、加工もされていなければ加熱処理もされていません

歯に良いはちみつを選ぶなら、「天然」とついているものを探しましょう。

  • 歯に良いはちみつの見分け方
  • × はちみつ・加糖はちみつ:水飴や添加物が加工されている
  • × 純粋はちみつ:水飴や添加物は加工されていないが加熱されている
  • ○ 天然はちみつ:加工も加熱処理もされていない

 

ただし、インプラント周囲炎の予防には基本のWメンテナンスが必須

インプラント周囲炎を予防するには、口内の虫歯菌や歯周病菌を抑制することが大事で、それにははちみつが効果的です。砂糖の代用としてはちみつを使うのもおすすめです。

しかし、はちみつだけ食べているわけにもいきませんね。毎日とる食事には様々な糖分が含まれていて、歯垢の原因になります。インプラント周囲炎を予防するには、毎日の歯磨き定期メンテナンスがとても重要です。基本のWメンテナンスはしっかりと実践しましょう。

また、はちみつが歯や身体に良いからといって、1歳未満のお子さんに与えるのは禁忌とされています。注意しましょう。

◆この記事のまとめ
1. はちみつの主な糖分は虫歯になりにくいブドウ糖と果糖
2. はちみつには殺菌成分のオキシドールが含まれる
3. はちみつには善玉菌を増やすオリゴ糖とグルコン酸が含まれる
4. はちみつには免疫力アップの効果が期待できる
5. はちみつは虫歯菌や歯周病菌を抑制する効果が立証されている
6. 効果があるのは加工も加熱もされていない「天然はちみつ」


あわせて読みたい!

▶インプラントでメンテナンスをしないと損をする2つの理由