トピックスTOPICS

インビザラインとEラインについて!美しい横顔の条件とは?

こんにちは田口歯科医院です

歯並びを美しく整えるインビザライン矯正ですが、歯列矯正をすると歯並びだけでなく骨格や顔の印象までも変わることがあります。

皆さんは横顔美人の条件でもある「Eライン」について知っていますか?海外の矯正医師が提唱した、美の基準になりますが、矯正をする上でも参考にすることがあります。

今回は、このEラインとインビザラインの関係についてお話ししていきますね

横顔美人の基準「Eライン」とは?

インビザライン Eライン

Eラインは「エステティックライン」の略称です。

海外の歯科矯正医師が提唱した美の基準で、鼻の先と顎の先を直線で結んだ線で上下の唇がこの線のどの位置にあるのかみていきます。

理想的な横顔は、このEラインよりも上唇が内側に入っていることとされています。

ただし、これは欧米人の骨格の基準になりますので、鼻が低い日本人などのアジア人はEラインの上に上下の唇がくるのが理想とされています。

大阪大学歯学部附属病院

 

Eラインから唇が出ている状態

インビザライン 出っ歯

Eラインから唇が大幅に出ている場合は、「出っ歯」や「受け口」になっている方です。

口元がもっこりと膨らんでいるために、横顔が野暮ったく見えることもあります。近年では、口元が突出していることを「口ゴボ」と表現したりしますね。

顎が小さい日本人は、歯が並び切らずに前に出てしまっている出っ歯の方が多いです。

この場合は、インビザラインなどの歯科矯正によって歯を後ろに下げ、スッキリとした口元に変えていきます。

関連記事:インビザラインで「出っ歯」は治せる?



Eラインよりも唇が内側に入っている状態

インビザライン しゃくれ

Eラインよりも唇が内側に入っている状態ですが、軽く入っている状態であれば問題ありません。

しかし、上唇が大幅に内側に入り込んでいる場合は、いわゆる「しゃくれ」と呼ばれる受け口の状態の方が多いです。

この場合は、下の顎が前に出てしまっている骨格的な問題がある方も多いため、通常の歯列矯正では治しきることができない場合も多いです。

その場合は、外科手術で顎の骨を調整する「外科矯正」が必要になることもあります。

関連記事:インビザライン矯正で「しゃくれ(受け口)」は治療できる?

インビザラインでEライン作ることはできる?

結論から言いますと、歯並びだけの問題であればEラインをインビザラインで作ることはできます

しかし、先ほどもお話ししたように上下の顎が前に出てしまっている骨格的な問題の場合には、インビザラインをはじめとする歯列矯正だけではEラインを作ることは難しいです。

Eラインは歯並びだけでなく、その人の鼻の高さも影響しますので、完璧なEラインを作りたい場合には、外科矯正や美容整形などの力を借りないとできないこともあります。

ただし、インビザラインでもある程度理想のEラインに近づけていくことはできますので、歯科医院でよく相談して治療を始めていきましょう。

抜歯矯正をすればEラインに近づく?

インビザライン 抜歯

矯正とは切っても切れない関係である「抜歯」ですが、患者さんのケースによってはどうしても抜歯が必要になることがあります。

特に出っ歯と呼ばれる「上顎前突」の方や、歯並びがガチャガチャになっている「叢生(そうせい)」の方は、歯が並ぶスペースが確保できないために抜歯をするケースが多いです。

ただし、抜歯をすることによって歯が並ぶスペースを確保することができ、また、前に出ている歯を後ろに下げることも可能です。

そのため、抜歯をすることで理想のEラインに近づくこともあります。

抜歯の必要性は、歯科医師によって意見が異なる部分もあります。当院ではできるだけ抜歯をせずに矯正を行う「非抜歯矯正」に力を入れていますので、お気軽にご相談ください。


抜歯をしないでEラインを整えるインビザライン


抜歯をしない場合は、インビザライン矯正でどのように歯並びを整えていくの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

インビザラインでは、「ディスキング」という方法で、歯と歯の間にわずかなスペースを作り、歯を綺麗に並べていきます。


ディスキング


私たちの歯の一番外側はエナメル質といって、一番硬い組織で覆われています。

ディスキングでは、ヤスリのようなものでこのエナメル質のみをわずかに削っていくために、歯自体にそこまで大きな悪影響は及ぼしません。

しかし、経験が浅い矯正医師などはまれにディスキングで削りすぎてしまい、象牙質まで到達することで知覚過敏のような症状が出てしまうこともあります。

アンカースクリュー

他にもアンカースクリューという、歯茎に埋め込むチタン製のネジのことで、比較的あたらしい矯正方法になります。

埋め込んだアンカースクリューを支点にして、前歯だけを後ろに引っ張ったりと部分的に動かしたい部分を効率的に動かすことができるようになりました。

アンカースクリューは簡単に埋め込むことができ、取り外すのも簡単です。麻酔を使いますので痛みもなく、多くの医院で採用されている方法です。

インビザラインとワイヤー矯正どちらがEラインをつくれる?

インビザライン矯正 ワイヤー矯正

マウスピース矯正のインビザラインと、ワイヤーを使ったワイヤー矯正ではどちらがよりEラインに近づきますか?といった質問があります。

結論から言いますと、矯正装置はそこまで関係ありません。インビザラインでもワイヤー矯正でもEラインに近づけることはできます。

ただ、歯並びによってインビザライン矯正では治療ができないこともありますので、その場合にはワイヤー矯正で治療を行う必要があります。

当院でも、インビザライン矯正を行う方に場合によってはワイヤー矯正をすることもあるという旨をご説明しています。

インビザラインでEラインとスマイルラインを手に入れよう

今回ご紹介したEラインの他にも、笑顔が素敵になる基準として「スマイルライン」というものがあります。

スマイルラインは、口角をあげて歯が見えるように笑った際に、前歯の先端を結んだラインのことです。

このスマイルラインが、下唇と同じような形のカーブを描いていると、笑った顔が綺麗に見えるとされています。

Eラインは、骨格の問題もありなかなか整えることは難しいですが、スマイルラインはインビザラインで歯並びを整えることで、作り出すことができます。

当院でも、パッと明るい笑顔を作るためにその人に合った細かな治療計画を立ててインビザライン矯正を行います。笑顔に自信がない、歯を出して笑うのが怖い、という方はぜひ一度当院の矯正無料相談に足を運んでみてください。

まとめ

今回は、インビザラインとEラインの関係についてお話ししました。Eラインとは、鼻の先と顎の先を直線で結んだ線で上下の唇がこの線のどの位置にあるのかを確認したもので、横顔美人の基準になります。

矯正の治療計画を立てる際にも、Eラインを考慮して歯並びを整えていきます。

ただし、骨格が欧米人と違う日本人はなかなか完璧なEラインを作ることが難しいケースも多いです。

当院ではEラインにとらわれずに、その人にあった最適な歯並びと美しさを手に入れるお手伝いをさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください、

こちらの記事もおすすめ:前歯をインビザラインで治療したい!マウスピースで部分矯正は可能?